FC2ブログ

ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2020-04

とてもよく頑張りました

昨日の朝ミニーが旅立ちました。
以前から衰えていた食欲が、数日前からガクっと落ち込み、
一昨日からは、朝晩に薬を混ぜた流動食をほんの数cc飲み込むのがやっとでした。
ですので、そこを毎日の点滴で何とかしのいでおりましたが…

一昨日の夕方いつものように奥さんが薬を飲まそうとしてくれたたものの、
呼吸が深く数少なく、明らかに危ない様子。
そして顔を持ち上げ、苦しそうに大きく振るので、慌てて私を呼びに来てくれました。
そこで大急ぎで駆けつけ声をかけつつ体をなぜると、少し落ち着いたのか私に体を預けぐったりと。
だからこれはもういよいよその時が近づいてきたのだと感じた私は、
そのままミニーのそばにいることにしました。

最初はいつものように酸素室に入れていたのですが、
私と離れてしまうと、一生懸命探すように首を持ち上げようともがくので、
酸素室から取り出し、代わりに酸素濃度を上げそれを直接顔付近に充てることにし手元に。

IMG_3593.jpg
「ラクチンです♪」

こんな感じで数時間、ミニーは静かに穏やかに横にになってくれてはいたものの、
時折、「きゃん!きゃん!」と悲鳴を上げ、
その都度体をさすり声をかけ続けると、次第に落ち着き、また静かに横に。
しかし私はその度に最後の時がやってきたのかと、不安になりつつも覚悟を決めて…

ですが、ミニーは本当に頑張る子で、そういう場面を何度も乗り越えてくれ、
その間、私はミニー相手に出会った時のことや、一緒に散歩に出たときのこと、
お店で遊んだことなどをゆっくりと話をし、気が付くと深夜に、
そしていつの間にか明け方になっておりました。

その時にはミニーの息はかなり浅くゆっくりと、そして回数もかなり少なくなってきておりました。
この分だと血のめぐりも悪かろうと思い体をさすってみると、
背中も、そして手足も驚くほどに冷たくなっていたので、私は大急ぎで湯たんぽを温めに台所に。
レンジで温めるその間4分ほど、大急ぎでミニーのもとへ向かうと。
息はもう息と呼べるようなものではなく、口の両脇から空気が漏れ出すような感じの弱々しいもの。
ですが、私の気配を感じると、もう上がらない首を持ち上げようと力を入れるので、
首からのどにかけての筋が突っ張るように浮き上がる。

だから、もうこれが最後の時だとそう感じた私は寝ていた奥さんを呼び起こし、
「ミニーが逝くぞ。」

そして奥さんが慌ててミニーに駆け寄ると、先ほど同様のどと首筋に力を入れ、
そして口のわきから空気を漏れ出すように吐き出しました。
そして、そして、
その後すぐ、最後の息を吐き終えたミニーは、全身からゆっくりと力が抜けてゆき
そのまま旅だってゆきました。
2020年3月31日 午前6時45分 でありました。


こういう感じでミニーは最後まで一生懸命頑張ってくれ最後の挨拶もキッチリしてくれました。
また幸いにも、あの苦しい痙攣発作を起こすことなく穏やかに最後の時を迎えることができましたが、
これはきっと、「よくがんばりました」のご褒美ではないかと思います。
おかげでミニーはもちろんのこと私たちも本当に救われました。
(これは2週間前に見送ったへっちゃんについでも同様のこと。)

だから、見送ったその後も、「頑張ったな~。偉かったな~。」と、
悲しみよりもその前に、あの子に対するねぎらいの言葉をたくさんかけてやりたくなったのです。

がんばりb

そういうわけで、一昨年のお正月警察から引き取って、期間にしてはわずか2年間でしたが、
それ以上のもっともっと長い時間を過ごせた気がします。
そしてもちろん、それも私の大切な宝物。

だから今の悲しみとつらさも、同じくらい私だけの宝物です。


明後日、最後のお別れをしたらば、またこの子の話を少しさせていただきたいと思います。



IMG_1952.jpg



**追記**

こんなわけで、本当は今日「へちまの話」をアップする予定だったのですが、それもまた後日に。

スポンサーサイト



寒い春

昨日今日、かなりの冷え込みで寒い寒い。
お日様も姿を消して鉛色の空模様。
桜の花も咲きだしているのに…

さて、毎日がんばり続けているミニーちゃんですが、
ここ数日ほとんど食べ物を口にできません。
かろうじて、薬を混ぜた流動食をほんの少し飲みこんでくれるものの、
後は何を出してもイヤイヤで、
無理に口に入れるのもかわいそうなので…

そして今朝の明け方頃には軽く声を上げ、おトイレが出たのを教えてくれたので、
体を奇麗にし寝床を整え直したのですが、
その間酸素室から出していると、苦しいのか体をのけぞり固まってしまいます。
ですので、大急ぎでまたなかへもどすと、ゆっくりと弛緩し静かな呼吸で寝てくれました。

そんな状態にもかかわらず私の気配があるうちは、
一生懸命首を起こしこちらを向いてくれるのです。
体はもう起こすことは出来ないので。

ですので、声をかけ優しくなで続けると、安心したかのように寝てくれました。

IMG_3580.jpg


せめて明日は暖かい春の日差しが出てくれたら、
そしてベランダでお日様を浴びさせてやることができたら。




ピコ来たる!

先日の金曜日。
店も開けずに、こいつでちょいとお出かけ。

DSCN7570.jpg
23年間乗り続けてるわが愛車。
なのにいまだ走行距離3万7千キロほど!

で、そんなに乗っていない愛車に、
なぜこの日休みでもなのに乗っていたのかといいますと…

DSCN7576.jpg
「こんにちは、はじめまして…」

そう、以前お話ししていたピコちゃんです。
この日の朝新幹線で大阪までやってきたので、その迎えに出ていたのでした。

そんなわけで、新幹線から自動車へと乗り継いだピコちゃんは、
初めての経験で不安でドキドキ。
だから、急ぎながらも安全運転で家まで走り、
えっさほいさと、用意したサークルの中へ。

で、お水を飲んでご飯を食べて、そしておしっこをしてひとごこち付いた後は、
少し落ち着いたのか

IMG-2522.jpg
「くんくんくん、これは優しい人のにおいだ…」

と。

まだなんやかんやで先住わんこ達との接触は出来ませんが、
そのうちボチボチと顔合わせし、徐々に仲良くなっていってもらおうと思っております。

そういうわけで…

IMG-2553.jpg
「ピコです、よろしくお願いします。」


*おまけ*

めったに町中に出ることがないので、ここぞとばかり駅弁を買ってきました。
そしていつもより少し遅れて店を開け、お昼にワクワクしながら頂きます!
(*^人^*)

DSCN7578.jpg
店番しながら食すので、これは店弁?駅弁?
いずれにしてもうまし!

ミニーの痙攣発作

一昨日は休日。
少し遅めに起きだして散歩に出ると良い天気なんですが空気がちと冷たい。
でもこの分だとお昼ごろにはかなり暖かくなるだろうな…
そう思いながら家に戻ると、ミニーの様子がおかしいとのことなので
時間外でしたがあわてて病院へ。

扉を開けると先生が待ち構えていてくださったのでそのまま処置室へ。
症状としては、「手足をばたつかせもがく」 「何度も首をもたげ口をパクパクする」といった感じですと伝えると、
前回のように肺に水が溜まっている可能背もあるので即検査にと。

しばらく待ったあと病室に呼ばれ中に入ると、底にはおちつた様子のミニーの姿が。
そして、診察の結果、幸い肺には水は溜まってはいなかったものの、
心臓に不整脈が見られ、二拍ほど心臓の動きが停止してしまっている状態で、恐らくもがいていたのはそのためであろうとのこと。
また、おそらくお腹の腫瘍が脳にも転移してきてしまい、結果今回の発作の引き金になった可能性が高いとのこと。

そういうわけで、心臓の鼓動を強めるお薬と、脳の炎症を抑えるステロイド、
それと、万が一の発作時に使用ずる座薬を処方してもらいました。

なんか、先日逝ってしまったへちまの処方していた薬と一緒だな、
今ミニーにしている点滴もへちまの残して入った分だし。
そんなことを思いながら、待合室でミニーの顔を見ていると。

DSCN7514.jpg
ムニュ!

あんた!鼻つぶれてるで!


DSCN7512.jpg
「え?なにぃ?」


DSCN7513.jpg
「じゃ、反対向いて寝る。」

という感じで、いつも通りのミニーちゃん。
ほっ、よかった~。


そう、固形物は食べれなくなったし、歩くことも起き上がることもできなくなったけれど、
こうして私たちのことをちゃんと認識し、そして愛想よく応えてくれているから、
多分これからもいろいろ大変だろうけれども、
まだまだミニーちゃんと一緒に頑張っていきたいなと、そう強く思いました。


そんなわけで、幸いすぐに容体が落ち着いたので、
新たにしょお法してもらったお薬をもらい岐路につき、
少しほっとしながら浴びた朝日はとても心地よかったので、
帰りには日当たりの良い道を選んで歩きました。

DSCN7511.jpg
「ポカポカ~♪」


*追記*

さて、このようなミニーちゃんでありましたが、昨晩発作を起こし少し慌てました。
深夜の2時ごろ「きゃん!」と軽く悲鳴を上げたので起きてみてみると、
手足をばたつかせて苦しそうな様子。
そこで体をさすりながら声をかけていたものの、ばたつきは次第に引きつりに変わり、
やがて前足後ろ足ともに突っぱねて三角形のまま固まってしまいました。
そこで大急ぎで鎮静剤の座薬を挿入し、しばらく様子を見たところ、
体は次第に力が抜け、だらんとした感じに戻ってくれほっと一安心。
ですが、痙攣は相くぁらずで、呼吸するたび、息を吐くたびに小刻みに体を震わせ、
その都度「きゃん!」と悲鳴を上げます。
ですがやれることといえば声をかけて体をなぜ続けることだけなので、
そのまま抱きかかえて、「大丈夫、大丈夫、ここにおるぞ。」と静かに言い続けると、
その言葉は届くのか、首もたげこちらに向かい、そしてじっと顔を見るのです。
そうしているとやがて悲鳴は呼吸10回に1回となり、それが20回に1回と減ってゆき、
やれやれと思いながらそのまま見守ってましたが、1時間後再度痙攣が始まったので再び座薬を挿入。
先ほどの分の追加だったので効果がすぐに出たのか、
幸い痙攣は小さなものに変わり、悲鳴も20回に1回、30回に1回に。
そしてそのまま1時間ほどだき続けると、やがて小刻みな痙攣も治まり、併せて悲鳴も上げなくなりました。

IMG_3567.jpg

そこで、やれやれと思いながら、「もう大丈夫やからな。」と声をかけると、
長い体を折り曲げるようにして私の顔に向きなおり、
そして答えるように舌で、ペロペロと私の顔を舐めてくれました。
だから、「そんなに気を遣わんでもええで。」と言いながら頭をなでると、今度はその手をペロペロ。
ほんと、優しい良い子です。

IMG_3568.jpg

そういうわけで、やれやれと一安心できたので、ミニーをそっと酸素室に戻したのですが、
「きゃん!」
すぐにまた鳴きだしたので慌てて覗くと、

IMG_3572.jpg
「……」

首を起こしてじっとこちらを見ており、そしてしばらくするとまた
「きゃん!」。


これはどうもつらいとか苦しいとかそういうのではなく、
「心細いので一人にしないで欲しい」という意味なのだとそう思ったので、
再度抱きかかえ膝に乗せたまま落ち着くまで座って待ちました。

IMG_3561.jpg
「安心、嬉しい~♪」

そんなわけで、私は寝るわけにもいかず、そのまましばらく本を読んでいたのですが、
この間今度はポコが悲鳴を上げはじめ、どれどれと見に行くと、
ウンチ~お水~オシッコのフルコースで、その後も落ち着きがないので、
ミニーとポコの2頭を抱えて座っていたりと…
そうこうしているといつのまにやら午前4時、
気づけばミニーは深い息をしてそのまま静かに寝てくれていたので、
今度は酸素室に入れず、私の枕元にそっと置き、私はも寝床に着くべく、
他のわんこたちの寝ている隙間に滑り込むように潜り込もうと、そっと布団をまくり上げると…

IMG_3560.jpg
「スヤスヤスヤ~♪」


先ほどの騒動などお構いなしに絶好調で爆睡中のすーさん(素甘)
うん、この子らの寝息が何よりのご褒美や!
そう思いいそいそと寝床に入ったのです。

(*^人^*)


てなわけで、すったもんだのひと騒動があったのですが、
おかげさまで只今ミニーは落ち着いて静かに気持よさげに寝ております。
さて、今日また追加の座薬をもらいに行くか。

男子のハートを鷲掴む!

DSCN7551.jpg
「くんくんくん、あぁ楽しい!あぁ忙しい!」

DSCN7550.jpg
「なんかあの子ずっとあそこにおれへん?」
「ほんまや、全然動けへん。」
「お兄ちゃん、ちょっと言うてきたってや。」


DSCN7553.jpg
「よし、分かった。ちょっと言うてくるわ。」




~しばし経過~



DSCN7552.jpg
「なんか遅ない?」
「全然戻ってけぇへんねんけど?」



DSCN7554.jpg
「くんくんくん、あぁ楽しい!あぁ忙しい!」
「くんくんくん、たしかにこりゃたまらん!」


こんな感じで、呼びに行ったはずのぽちも夢中でくんくんくん。
ミイラ取りがミイラになっちゃったみたいなんですが、
なぜかこの叢、最近は男子チームのみが気に入ってにおいを嗅ぎに入り込むものの、
女子チームはこうして遠巻きにして入ってゆかない。
他の草むらや花壇ではそういったことがないのでちょいと不思議。
男子にだけ受ける良いにおいがするのだろうか?

で、男子受けが良いといえばこちらの草むらも。

DSCN7522.jpg
いつものお気に入りの河原です

今回は超重量級(300キロ越え)の車体なんで、
地面が負け予想以上にスタンドが食い込み傾いたので少々あわてましたが何とか無事。

そしていつものようストーブ三昧。

DSCN7534.jpg

学校休みの小学生男子三人組が叫び声をあげながら土手を駆け下りてきて、
私に気づくと興味津々で遠巻きに眺めておりました。
うん、絶対にこういう光景は男子心を惹きつけるからね♪


で、帰宅すると荷物が一つ届いており、箱の中身はといいますと…

DSCN7555.jpg
こちらも男子のハートをっガッチリ掴むストーブの詰め合わせ♪

修理依頼で届いた3点。
さて、ボチボチと作業に入りましょうか♪

 | HOME |  »

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する