FC2ブログ

ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2018-08

ぽちの眼

ここ最近、どうもぽちの目の様子がおかしかったのです。
右目をしょぼつかせ、いつも充血している感じ。
そしてまたその目が反対側(左目)に比べ少し小さくなっているように見えたので、
先日獣医さんへ連れて行きました。

IMG_9256.jpg


すると意外なことに、右目が小さくなっているのではなく、
左目が大きくなっているとのこと!

そこで、右目は予想通り結膜炎を起こしてるとのことで目薬を処方していただいたのですが、
それでは左目は?

先生曰く、眼球が大きくなっており、瞳孔も開いたままのようなので、
まず緑内障で間違いないと思います。
おそらくすでに視力はないと思いますよ。

そうおっしゃり、指をぽちの左右の目の前に突き出すしぐさをされると、
なるほど、右目だと避けようとするのに、左目のときは全く反応しない。

ああ、そうだったのか…

こんなとこまで飼い主の私に似なくてもよいのに。
(私も緑内障のため定期的に眼科に通っております。)

とはいえ、今のところ目に痛みはないようなので、
これと言って処置することも何もない、というかできないので、
今後は、私が使用している目薬をぽちにも点眼し、
できるだけ眼圧が高まらないようにしていこうと思います。


いつまでも子犬のように愛くるしいので、ついつい勘違いしてしまいますが、
ぽちも、またかりんもこの9月で14歳。
おじいちゃん、おばあちゃんですもんね。

分かっちゃいるけど、
ちょいとだけ凹んでしまった病院からの帰り道でした。

IMG_9249_20180815151337741.jpg
スポンサーサイト

妖精ポコ

IMG_9319.jpg
こんにちは♪

と、ニコニコご機嫌さんのポコですが、
6年前に我が家に来た時すでに9歳だったのでただいま15歳。

この春にムクが逝ってしまったので、ただいま我が家の最高齢わんこ。
(年齢不明な子が数頭いあるので推定ですが、まず確定。)
おまけに、この春脳炎にもなってしまったりとハラハラさせられましたが、
幸いその後は順調で、毎日元気に、幸せそうに暮らしております。

そう、最近この子はすごく幸せそうなのです!

といのも、くだんの脳炎以降、その後遺症のためか、
以前のけんかっ早く、孤独と単独行動を好む性格がかなり薄れ、
とても穏やかで、そしてフレンドリーな性格になってきたのです。
そのため、ほかの子たちとももめることがなくなり、
みんなと一緒に、好きな場所で寝て、そして好きにうろつくという、
そういう当たり前の穏やかな生活ができておるのです。
(ただし、へちまという天敵あり!)

以前は、絶えず喧嘩を始めるので、
ポコだけ別の階で過ごすというのが当たり前だっただけに、
それを思うと本当に嘘みたい!

それだけでも、この子にとってはよかったなと思えるのですが、
最近は、だれもいない方をじっと見つめ、
いつまでもニコニコと嬉しそうにしていることがよくあるのです。

IMG_9323.jpg


これは私たちに見えないものを見ているのか?
(もう白内障でほとんど見えないのに?)
そう思うとちょいとオカルトですが、
これはおそらく、あの子の脳内での楽しいイメージがそこにあって、
そこには楽しい遊び相手や、優しいお母さんたちがいて楽しくお話しできて…
それで、嬉しくなってそれを楽しんでいるんだろうなと思うことにしております。
つまり、ポコだけに見える楽しい話相手の妖精さん。

ですので、ポコのそういう様子を目にすると、
「あ!またポコが妖精さんと話をしている。」
とか言っていたんですが、
思えば、妖精さんと話ができるのも、また妖精さん♪

おまけにこの邪気のなさ!

これはつまりもう、ポコもすでに妖精さんの仲間だなということでしょう?

だから最近我が家では、ポコのことを「妖精さん」と呼んでおります。

IMG_9321.jpg
「え~? そうなん?」


すると最近、あの子の動きやしぐさもなんだか、ふわふわと、
かわいらしく、とても楽しげに見えてきて…


そんなわけで、
ただいま我が家には薄いグレーの妖精さんが元気にうろうろしていたり、

IMG_9320_20180813102044c49.jpg

またアッカンベーをっしたまま寝ていたり、
CA395841_20180616162508221.jpg


と、夢のような楽しい光景がそこにあるのですよ。

(=^^=)ゞ






お宝焼き♪

CA395854.jpg
カラフルな陶器の足跡~♪

実はこれ、全部うちの子たちの足型を写し取って焼いたものなんです。

というのも今年ムクが亡くなった際、
奥さんがお骨についての話をしていたのを知った友人の陶芸家さんの陶さんが、
わざわざ焼き物用の粘土を家までもってきてくださって、
「この土で小さな骨壺を作って、
骨壺に入れていない分を収めるといいですよ。」

とおっしゃってくれたのです。

そういうわけならと、ご厚意に雨奥さんがツボをこしらえる横で、
どうせならと、私は余った粘土でぺったんぺったんと足型取り!
そのうえ、おのおのの体色に合った色目まで指定して、
焼いていただいたというわけなのです!

そして先日またもやわざわざ焼きあがったものを持ってきてくださったわけなんですが、
予想以上の出来栄えに嬉しいやら感動するやら!

これはもう宝物だ~!

当初は箸置きにでも使うつもりでおりましたが、
今はもう、大切なものコレクションのコーナーにしっかり展示!

うちに来られるお客さんや友達に自慢させていただいております。

だって、こういう唯一無二のありがたさ、
同じようにわんこやにゃんこなどとお暮しの皆さんならお判りでしょう?

(=^^=)ゞ


そうそう、むろん骨壺もきれいに出来上がってまいりました。

CA395856_20180730161309a99.jpg
てっぺんにいるのはむろんムク!

奥さんが一生懸命作ったので、温かみがたっぷり!

そしてまた奥さんはこういうのも作っておりました。
CA395855_20180730161308b2e.jpg
ぽっちゃ~ん!

これらも唯一無二のお宝です。


陶さん、いつも本当にありがとうございます。
(*^人^*)

夏あたりにご注意

みなさんこんにちは。
こちらでは、もう最後に雨が降ったのかいつだかわからないほどの天気が続き、
連日連夜暑いのが当たり前になっているので、
「え?今夜は33度?結構過ごしやすそうやね。」
と、なんだか感覚がマヒしておる今日この頃。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?
体調壊してはおられませんか?

さて、人ですらこんな感じですから、体の小さなわんこやにゃんこは言うに及ばず。
我が家の子たちも、目に見えない不調が出てきつつあります。
と言いますか…
一応不調っぽいのはわかるものの、病院へ行くほどの状態ではなく、
とはいえ、そのままにはしておけない。
そんな症状なのです。
あえて言うなら、この夏の暑さにやられた「夏あたり」とでも言いましょうか?

具体的には、食欲をなくしたり、おなかが緩めになったりと。
例えば、普段散歩から戻って、即大喜びでご飯を食べる子が、
「…今なにもいらない。」
と食事を拒否したり、
またうんちも、下痢とまではいかないもの、部分的にお味噌のような感じだったりと…。

一応前者の場合は、
まず強制的に注射器などで、液体フードを少し与えてみると、
飲み込むという動作が食欲を刺激するのか
その後は普通に食べだしてくれております。
また後者の場合も、赤玉(下痢止め)を少し飲ますとすぐに落ち着きます。

ですから、どちらもさほど重症ではないと思うのですが、
どちらもよいことではないし、おそらくどちらの原因もこの暑さ!

散歩による体温の上昇からの食欲減退と、
暑さから逃げるために涼しい場所にい続けるための腹冷え。
(なんせ一日中冷房をかけているから)
それらが原因であろうと思っております。

そういうわけで、とりあえず今の時期は、
特に熱に弱い子たちにはこういう装備をつけております。

DSCN0057.jpg
「ドロボウじゃないよ~♪」 
モデル かりん嬢

この唐草模様の首巻の中には保冷剤が入っており、
首元の血管を冷やすことで体温を下げる効果があるのです。
わんこたちは我々と違い汗をかかないので、
体温調整は呼吸でしか体できないので苦手。
だから、今の時期こういう補助グッズが役立つんですよ。

わんこたちもこれは気持ちが良いのか、結構機嫌よく装着しております。

いつぞやの病院通いの際もこのように首の上に保冷剤をのっけて行きました。

CA395861.jpg
この時は、よっぽど気持ちよかったのか、上手に落とさず、
ずっと首の上に乗っけておりました。

おかげであれからは調子よく、

CA395863.jpg
「かみなりさま!来るなら来い!」

と、全開バリバリのご機嫌ぶりで寝ております。

それにしてもこの暑さ!
まだまだしばらくは続きそうなんで、
皆さんちの子たちも今の時期は、
あの手この手で体内に熱がこもらないようにしてあげてくださいね。

体がちいさく、またものを言えない子たちだから本当に心配ですもんね。
なんせ、うちの子たちはみな13歳越えの高齢わんこばっかだから、
余計に気がかりが多いです。

あ!

そうそう、我が家のにゃんこ代表のコロンさんはというと…

IMGP3111_2018080612364564c.jpg
「ふ~ん、みんなたいへんだにゃ~♪」

いたって元気で食欲の衰えもまるでなし!
さすが、エジプト原産!

IMGP2980.jpg
「もっとご飯をよこすにゃ!」

夏あたり知らずで元気で助かります。

ヽ(^∀^)ノ

今度はミニー!

さて、先日来へちまの件で大騒ぎをしておりましたが、
実はその間ミニーさんも不調になっていたのです。

それは月曜日の午後のこと、いつものようにおトイレに連れ出し店に戻った後のこと。
いつもなら、大喜びで食べるはずのおやつに見向きもしない。
まあ、そういうこともあるのだろうとそのまま放っておいたところ、
その後夕方まで寝床で伏せたまま!
心配になり大好きなミルクを与えるも顔を背けて飲もうとしない。
その後家に連れて帰ったものの、やはり寝床でうつぶせたまま動こうとしない!

これは何かおかしい!
そう思い、急いでミニーを抱きかかえ獣医さんまで!

そして診てもらった結果、特に問題は見当たらないけれども、
この子は、乳腺や肺に腫瘍があり、常に右肺に水が溜まっているので、
検査のために採血することに。
すると、血がかなり濃い(水分が少ない)!
とはいえ、体温は38.8度とそう高くないので熱中症ではないだろうけれど、
間違いなく脱水症状!
(そういえば、この日は店で水をほとんど飲もうとしなかったし、
おしっこも量が少なかった…)

もしかしたら腎機能に異常があるのかもしれないけれども、
それは血液検査の結果を見てからの話。
そこで、ので、水分補給のため液滴をし、念のため抗生物質の注射を。

するとしばらくして、少し元気が出てきたようなので、
先生がジャーキーを少し与えてくださると、
ゆっくりですが喜んで食べました。
まずは一安心♪

そしてその後帰宅し、様子を見ていると、
いつもほどの勢いはないものの、きちんとご飯を食べて、水も飲んで、
そして数時間後大量のおしっこをして…
やれやれ、これでどうにか元気になってくれるかな?

そして翌日、寝起きから期限よくしっぽを振り出迎えてくれ、
ご飯も「うぉ!うぉぅ!」と大きな声で催促。
で、ウンチもしっかり♪

もうすっかり良くなったように見えましたが、
原因が不明だったので念のため夕方再度獣医さんへ。
(というか、午前中はこのようなへちま騒動があたのですよ。)
診ていただいた結果。体調はかなり良く泣ており熱も38.2度になっていましたので、
やはり前日の不調は脱水症状からの軽い熱中症?
とはいえ、この子が普段いるのは冷房の効いた店内と家の中。
お昼また以下に散歩には出るものの、ほとんどは涼しいアーケードの下。
思い当たる節がないので、やはり内臓的なものかと少しお話をし,
結局は様子を見る感じでしばらく通院することに。

ですが!

その後、いきなり今回の原因が判明することととなったのです!

翌朝いつものようにミニーを連れ店に出た私。
そしていつものように新しい飲み水をセットしようとペットボトルを手にしたのですが…

「ん?濁ってる?!」

実は今の時期私は犬の飲み水にブドウ糖を溶かしこんでいるのです。
(速やかに吸収されるので熱中症対策に良いから。)
濃度にして3%なのですが、家ではともかく、店ではその都度量るのが面倒なため、
濃いめ(12%)の液を作り置きし、それを希釈して与えておりました。
で、先ほど濁りに気づいたのがその作り置き!
そう、だから「濁り」は液に菌が繁殖しているしるし!

思い出すと、あの日は作り置きを冷蔵庫に入れ忘れそのまま放置していたから、
すでに液がおかしくなり始めていたのに、それに気づかず水で薄め飲み水にしてしまった!
だから、ミニーは嫌がって口を付けずにおり、結果脱水症状から熱中症になったのではないか?!

(犬の嗅覚は敏感なのですぐ気づき飲まなかったでしょう。)
おそらくこれが原因!
なんとも情けないことに、私のうっかりミスでした。

そういうわけで、ミニーに詫びて詫びて、深く深く反省いたしました。

本当にごめんなさいね。

IMG_2422.jpg
「今度は気を付けてね。」

はい、海より深く反省。


そうわけで、その後は順調に回復し、
本日も元気に

「うぉ!うぉぅ!」

ヽ(^∀^)ノ


*追記*

実は今回のような感じで熱射病になったとしても、
病状が急すぎるので、おそらくミニーの体の中に何か悪い部分があるのではないか?
(というか、もうすでにあちこち悪い部分があるわけですが…)
そういうこともあり、血液検査をしたわけですが、
この子の場合、採血できる手足の個所がすべて皮膚病により硬質化しているのと、
熱射病のため熱役濃度が上がりすぎていため、十分な量採血できなかったため、
最も知りたかった、「腎機能」と「肝機能」の検査ができませんでした。
とはいえ、ほかの血液成分の検査結果はおおむね良好であったため、
体調が戻ったこともあり、先生が
「どのみち、この子の体はいろいろ問題を置く抱えているので、
いまさらに血を抜き検査するよりも、体調が戻ってきてくれているから、
これはこれで良しとして、今後またおしっこの様子など注意深く見守りましょう。」

とおっしゃり、昨夕仕上げの注射を一本打ってもらい今回の件は終了となりました。

とにもかくにも、ミニーさん今回は本当にお疲れさまでした。




 | HOME |  »

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する