ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2018-02

かぜにご注意

IMG_1008.jpg

と、こう申しておりますように、今朝ミニーちゃんは元気がなく、
いつもなら真っ先にすっ飛んでくる食事の時も寝床で丸くなったまま。

そこで目の前にお皿を持っていったのですが食べようとしません。
そこで大好きなレバーなどのおやつを少し足したところ、
ようやく食べだしたのですが、それでも2割ほど食べ残すので、
これは絶対いつもの調子ではない。

また深夜に少し吐き戻したりもしていたようなので、
朝一番病院までひとっ走り。

診察の結果は風邪ひきとのことでお薬をもらって帰り、
しばらくは栄養を十分に摂り安静に過ごすことに。
また、一応ほかの子たちへの感染の恐れが無いこともないので、
できるだけ接触させないようにとのことなので、
当分昼間はお店で出寝てもらい、夜は個別の寝室を作ることにしました。

IMG_1010.jpg
「じゃあお散歩行かんでええのん?」

そう、しばらくはここで寝んねな。


とはいえ、先ほども薬を混ぜたおやつを、
IMG_1009.jpg
「ぱくぱく♪ぺろぺろ♪」

と、このようにきれいに食べてくれ、
一応元気そうではあるので、このまま大人しくしていてくれれば、
1週間ほどで治ってくれるものと、そう期待しているのであります。

そんな感じでわんこも風邪をひくこの寒さ。
皆様も、どうかくれぐれも自愛くださいませ。

(*^人^*)

スポンサーサイト

寒いときの看板犬

こんにちは。
我が家のわんこ達のうち何匹かは、毎日店に出てきて看板権をしております。
ですが広い間口が通りに面し開放している我が店では、
暖房しているとはいえかなり寒い!

ですからしもとにいるわんこ達も底冷えしてしまうから、
それなりの対策が必要となります。

では具体的にどのように対処しているかといいますと…

IMG_0824.jpg
「やっぱりファンヒーターが一番へち♪」

一番小さく痩せているへちまは最も寒さに弱い!
(だから、うっかり散歩に連れ出すと冷えからくる下痢と嘔吐で大変!)
そんなわけで、この子はすぐ足元のヒーターの風吹き出し口前に入り込もうとするので、
火傷が怖いから、こうしていつも椅子の上。
お母さんの膝の上で暖かくしてもらって過ごします。

お次は元気いっぱい、小さなダイナマイトくまさん。
この子はというと…

IMG_0821_2018020714500419a.jpg
「やっぱり抱っこが一番クマよ~!」

というか、本当はこの子は下に置くとせわしなく動き、
ちょいと油断をすると、床やいすの脚などをぺろぺろと舐めてしまうので、
この様に拘束されておるのです。
で、結果的にそれが防寒対策になっていると…

まあ、結構ぽっちゃりさんなので寒さに結構強いから、
そんなに傍観せずとも兵器そうだけど。

(=^^=)ゞ

そうそうぽっちゃりさんといえば、以蔵君。
彼はどうかといいますと…

CIMG1338.jpg

ん?

以蔵君?


どこにいるの?



と、私の膝の上にあるUSB電気毛布を引っぺがすと…

IMG_0828_20180207145009e01.jpg

出来立てほかほかの以蔵君が現れます。

実は私の右半身は表からの冷気にさらされることが多いのです。
で、たいてい膝の上に以蔵にしても同様で、体の半分が冷たくなってしまうのです。
ですので、以蔵が膝の上にいるときは、こうして毛布で保温しているのです。
おまけに、中にもフード付きダウンを着せておりますから、
おかげでいつも出来立てほかほか♪

(=^^=)ゞ


そんな中、最高齢のポチ君はというと
さすがは元祖看板犬プーの息子。
寒さにめげず、お座りしながら通りを見つめております。
その姿が可愛いので、通りを通る方々は、

「なにあれ?かわいい!」


と結構評判が良い。

ですが、寒くはないものかと心配になるので、
つい抱き上げては見るのですが、
しばらくすると嫌がって下に降りたがるのです。
そして、また看板犬に。

大丈夫?

寒くない?


すると…

平気だよ… だって


IMG_0923a.jpg

なるほど!

(=^^=)ゞ


てな感じで寒いながらも我が家の看板犬たちは元気です。


ちなみに…

かりん、チップ、ポコ、ムクたちはちょいとアレなもんで看板犬にはなれないのです。
ざんね~ん!

寒い時の猫食堂

昨年末久しぶりに姿を見せてくれてほっとしたミーコ。
その後週に何度か顔を見せない日はあるものの、
一応毎週顔を出してくれてはいたのですが、
年が明けると、1週間のうち来ない日の方が多くなり、
次第に全くやって来ない週もあるほどに。

以前のようにどこかでご飯をもらって快適に過ごしているのか?
だったら、猫食堂は開店休業。
それならばまあ、いいのだけれども、もしそうでなければ…
と、やはりミーコのことが心配に。

そういうわけで、あれやこれ、いろいろと勝手に心配しておりましたが、
1月も終わりの頃、わんこ達を昼の散歩に連れ出した後、
なんとなく勝手口を見に行くと窓の向こうに見慣れた影。

そこで窓を開けると、
CIMG1304.jpg
「お久にゃ~♪」

あれ?
いつもやって来るのは朝と夜なのに?
と不思議に思いながらも、急いで猫缶を開け与えてやると、綺麗に平らげ、

CIMG1311_201802071527413b8.jpg
「満足にゃ~ん♪」

こういう事があったので、もしかしたらやって来る時間がずれたのかと思い、
翌日からお昼の散歩のあとに覗くようにしていたのですが、
それ以降はやって来ることはありませんでした。

しかもその後は記録的な大寒波がやってきて、尋常ではない寒さ!
だからいよいよ心配になってしまい、やきもきしておりました。
そんなある夜(節分の日)、
当時店に隔離していたミニーちゃんの世話を終え家に戻ると表に出たとき、

「にゃぁぁあ~ん♪」

聞き慣れたあの甘ったれた声がした気がしたので、
確認のため少し離れた植え込みのところまで歩いていくと、
茂みの間から見慣れた丸く白い小さな顔が!

驚きと、喜びと混じった気持ちのまま、急いで家に戻り猫缶を開け戻ってくると、
開けっ放しにしておいた扉のとこで、ちょこんとお座りして待つミーコの姿。

CIMG1321.jpg
「うまっ!うまっ!」

こうして満足するまで食べた後は、扉のへりに何度も体を擦り付け、
また茂みの中に消えていきました。

裏口の寝床はそのままるからそこで寝ていればいいのに…


まあ、元気にしてくれているのはいいけれど、
しばらく見えないとまた心配になるよな。

ミニー合流!

というわけでこんな感じで私がバイクで走り回っている間にに、
家では奥さんが寒い中にもかかわらず、
汗をかきかき一仕事してくれておりました。

というのは…

IMG_0906.jpg
すっきりした~♪

朝からミニーちゃんをシャンプーしてくれていたのです。
というのも、患ってた耳と皮膚の病気の方もずいぶんよくなり、
先日お医者さんから
「他の子と合流しても大丈夫ですよ。」
とのお墨付きをいただいたので、
この日はうちの子たちとの顔合わせをすることにしていたのです。
だからその前にシャンプーをしてきれいにしていたというわけ。

そういうわけで、みんなとドキドキの初対面でしたが、
当初、かりんをはじめとする女子組(チップ除く)で派手なケンカがあったようですが、
その後は、微妙な距離をとりつつも一見平穏。
(ちなみに、女の子同士のけんかがあったとき、
男子チームは火の粉が飛んでこぬよう離れており、
特に、ポチなどは部屋の端まで行き、
「女の子怖い…」
と固まっていたとか。)

で、私が帰宅したころには、もう皆仲良くしている風で、
前述の女子チームとも、

IMG_0926.jpg
「くんくんくん…」
「………」


と、ケンカをしたりはしなくなりましたので一安心。

で、どう?ここは?

IMG_0908.jpg
「寂しくなくて嬉しい♪」

そうそう、一人で寂しく過ごしていたときと違い、
今はもう常に誰かがそばにいるからね。

だからみんなと仲良くご飯を食べたらリラックスし、
IMG_0917.jpg
ZZZZZZZ…

しっかり定位置を決めて、そこで丸くなっておねむ。

こうして最初の顔合わせは無事に終えることができ、
少し気にしていたおトイレも、きちんとお利口にしてくれてほっと一安心。

そして翌日。

IMG_0931.jpg
「お散歩♪お散歩♪」

そう、お散歩もみんなと一緒に行けるのでもう寂しくありません。
でもまだ慣れないので、まずはポコと一緒にゆっくり散歩。

でもポコのお散歩なので、連れて出るのはお母さん。
で、実はお母さんがミニーちゃんを連れ出すときは、今まで決まってお医者さんへ行くとき。
だから、ミニーちゃんの脳裏にはふと不安がよぎります。
IMG_0930.jpg
「え… もしかしてお医者さん?」

でも、大丈夫。
今は本当のお散歩やから安心して楽しんでおいで。

IMG_0933.jpg
「本当にお医者さんと違う?」
「ちがうで~♪」


そんなわけで散歩に出たミニーちゃんですが、
途中までは信じておらず、
「ほんまはこうやってお医者さんへ連れていんやろ~。」
という表情のままで、帰り道、家の方向へ向かうと、
一目散で家に向かって駆け出したとか。

まあ、お家が大好きな子になってくれてよかった。



さて、このような感じで一応区切りはついたものの、
実はミニーちゃんのお腹のできものが非常に気になる。
おそらくは乳腺炎だとは思うけれど、悪性のものである可能性も否定できない。

そういうわけで、落ち着けば手術することとし、
その回復を待って、H岡さん宅にお届けしようかなと考えております。

ミニーちゃん

この時書いたように、最近ではご機嫌で散歩に出るミニーちゃんですから、
今では、顔を合わすと…
IMG_8653.jpg

とこの様にお散歩をねだってきます。

ですが、ここしばらく極端に気温が低かったので、しばしお散歩を中止していたところ、

「わんわんわん!(行きたい!い・き・た・い~!)


と騒ぐではないですか。
まあ、こういう場合も少し放っておくとこの子は諦めて小屋に戻り大人しく寝るのですが、
それもかわいそうだなと思い、「それではね…」と連れ出すと。

IMG_0545_20180124105324318.jpg
「なにこれ?!メチャ寒いんですけど!」

と、風を受けしばし硬直。

で、近所を一通り歩くとすぐに納得したかのようで、
そのまま家に向かってスタコラサッサ♪

その後は暖房のきいた部屋の中で、ガムをかじってご機嫌でした。


この子が警察からやってきてもうひと月。
その間皮膚と耳、そして目の治療を続けてきた結果、
ずいぶんよくなってきたので、
そう遠くなく、うちの家を出て新しい飼い主さんの下へと行っちゃうのです。

むろんそれがこの子にとって本当に喜ばしいことであるのは十分わかってはいるのですが、
既に私は情が移ってしまっているので、そのことを思うと気持ちが…


だから最近では、
まだもうちょっと、耳の調子がいまいちやね…
とか言いながら薬を点し、そしてこの状態がもう少し続けばいいのにとさえ思ってしまいます。

でもな~。


だからまだ今はもう少し、
この子と一緒に散歩に出たりしたいなと…


*予告*

そんなミニーちゃんに先日あることが!
くわしくは明日!

 | HOME |  »

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する