ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-11

メッサー復活!

まずはギアレバーの位置合わせ。
前回分解時にポンチで合わせ位置を刻んでいたので楽ちん♪

だと思っていたのだけども…
IMG_8980.jpg
あれれ?ずいぶんずれている?
ギアを完全にバラしたので位置がずれたのかな?

そういうわけでずぼらせず、基本に立ち返り位置調整。

メッサーのギアチェンジは、運転席の右側にあるシフトレバーを上げ下げして行います。
IMG_8988.jpg
黒いボールがそうですが、ニュートラル位置から一つ引き上げると1速、
その後、押し下げるごとに2,3,4とシフトアップします。
つまり一般的なバイクの逆シフトと同じですね。

ただ、バイクと違いレバーでニュートラル位置はでません。
ではどうするのかと言いますと、
IMG_8990.jpg
ボールの下にある小さなレバーを引くことにより、
何速からでもニュートラルにすることができる仕組みです。

ちなみに、バックギアはついておりませんが、
いったんエンジンを切りエンジンを逆回転させることによりバック走行を行えます。
ですので、バックも4速あるんです!
だからバック勝負なら、スーパーカーにも負けないのですよ!
シンプルな2ストエンジンのなせる業ですね。
(=^^=)ゞ

さてそういうわけでレバーの調整ですが、理屈さえ分かってれば結構簡単。
シフトレバーを押し下げ、押し上げ、その際のアームの位置のちょうど中間に、
ギアレバーを合わせればよいのです。
IMG_8982.jpg
ですのでこのように固定した段ボールにマジックで位置を写し取り、
その中間地点に来るようにギアレバーを調整。

IMG_8984.jpg
よし!完了♪

その後ニュートラルレバーにつながるワイヤをきっちり張ったのち、
レバーを上げ下げし、ギアの入りとニュートラルの入り状態を確認。

よし!これでOK!

ですぐにでも走り出したかったのですが、
実はただいまエンジンにギアオイルが入っていない状態。
手元にあると思い込んでいたオイル(#90)もすべて使ってしまっていたので、
買い出しに向かうことに。(その時の話がこれです。)

で、ついでなんでずいぶん放置していたチェーンオイルも交換することに。
こちらのオイル(#10)は手もとに在庫があるのです。

かなり前に交換しただけなんで管理劣化しているかと思ったら…
IMG_8978.jpg
あら!乳化もせずに綺麗なまんま!

まあ、屋内保管のうえ、雨の日はめったに乗らないからね。

それでもスラッジ(金属粉の汚れ)は溜まっていたのでそれをきれいに取り除き、
新しいオイルを入れようと思ったら、

う~ん?

このガスケットもうだめじゃん?!

これまた昔(多分25年ほど前)に自作したゴム製のガスケットが、
すでに劣化して歪んだり硬化したりで信用できない。

そういうわけで新たに自作。
IMG_9043.jpg
今回は劣化の少ないノンアスベストのシートで作成しました。
よしこれでOK!

実はこうして組み付けたは良いのですが、
どうも少々厚みが足らなかったらしく、翌日油漏れを!
ですので、ガスケットに液体パッキンを塗布し何とか対応できました。

そしてギアオイルも無事入手できたので、それも注入!

これで公道復帰への準備は完璧!
IMG_8987.jpg


と、思っていたのですが…

ギアオイルの注入量を間違えてた~!


本来1パイント(約650cc)のところを、1クォート(約950cc)と勘違いし、
300cc多めに入れてしまったのです!
ま、ええかな?とか思ったのですが、
「過分なオイルは良くないですよ!」
とGAKUさんにアドバイスいただいたので、走り出す前に抜くことに。

IMG_9107.jpg
クラッチ調整窓を開ければ、余分があふれ出し適量になります。

そしてその後、表に引っ張り出しエンジンをかけ動き出してみたのですが…

ん?
シフトアップできない?


エンジン停止時はきちんと入るのに、エンジンをかけるとギアがうまく入りません。
どうもレバーの調整が良くなかったようです。

そこで、道端にメッサーを止め、あれこれ位置を変えては試行錯誤。
結局ギアレバーの位置も、リンクの取り付け位置も変更し、
IMG_9116.jpg
最終的にはテレフレックス(シフトとギアレバーをつなぐ伸縮する棒・矢印)
の調整で何とか合いました。

ここの調整は、ボデイに固定されているねじを緩めたのち、
前後に押し動かしちょうどいい場所を探し出すといった塩梅です。
IMG_9115a.jpg
私は後々の目安になるよう、決めた位置にガムテープなどで印をつけております。


そういうわけで、無事チェンジも入るようになったので…

IMG_9137.jpg
GO! GO! GO!

うんいい感じ!
クラッチは気持ちよくかみ合い、スパッと切れ、
チェンジもスムーズで加速も申し分ない!


けっこう迫力あるでしょう?

そういうわけで、ほぼ半年ぶりに乗ることができたので、
もう嬉しくてたまらない私は、、この後あちこち知り合いの所に顔を出し、
お昼過ぎまで油を売りまわっていたのでした。

で、そのうちの一軒きよさんちでこういう動画を撮影していただきました。

いや~、自分では自分が運転する姿は見ることができないだけに、
こういう動画は嬉しいですね~!
きよさん、ありがとうございます。(*^人^*)


こういうわけで、長らく動くことのできなかったメッサーも無事復活。
しかしこれは、いろいろな方々のお力添えがあってのこと!
特に、個人教授さんGAKUさんコーシさん
本当にどうもありがとうございました。

これに懲りず今後ともよろしくお願いいたします。

(*^人^*)
スポンサーサイト

油(オイル)を買いに

昨日の休日は久々の良い天気だったので、
ごぶさたしているお墓の掃除に行ってきました。
二週続けての台風に見舞われたせいもあり、
お墓の周りは飛んできた枝葉でどえらいことに!

それらをせっせと掃除して、
生えてる草も引き抜いて、
そうそう、腰もかばいつつ、
そうこうしているとどっと汗をかいたので、
帰り道、高い空を眺めつつ全身に浴びる風はすこぶる気持ちいい!

IMG_8993.jpg
木々も伐採されているので、いっそう空が高く見える。

さてさて、こんな感じでお墓なお掃除はすぐに終わったのですが、
実は家を出る前に、メッサーの径整備をしており、
その際ちょいとミッションオイルが必要になったので、
帰り際ホームセンターに立ち寄りオイルも買うことに。

ですが、以前は普通に置いていたはずのオイルが、
売り場にはほとんどない!
昔はスクーター用のギアオイルとか各社いろいろ出てたのに…
今はもう、そういう交換も不要なのか???

で、やっと見つけたものの、それは農機具用の4リットル缶。
まあ、別に農機具用でもいいのだけれども、さすがに4リットルは多すぎる。
そういうわけで、買うのは見合わせ、ほかの場所でも探すことに。
(ガソリンスタンドの量り売りは、割高だしな~。)

そういうわけで、他にオイルを売っていそうなところをと。

オイル、オイル…
油、油…


あ!


そういやこの近所に売ってそうな場所があったぞ!

というわけで、急に思い立ちとある場所へ。

向かった先は、

IMG_8994.jpg
友人のイナズマ君のお店。

「まいど~!どう?油売ってる?」

「え?!まあ…、その…」

みれば、撮りだめたテレビ番組を見ているところだったので、

「やっぱ、油売ってたやん~♪」

というわけで、どっこいせと腰を据え、
あれこれと、御互いに近況報告。
ま、久しぶりっちゃア、久しぶりだけど、
基本的にお互いなにも変わっていないようなので、
そんなに久しぶりという気もせず、いつも通りあれこれお話しておりました。

きけば、最近は年に一度一人で延々遠くまで日帰りで走っているのだとか。
で、その時、「前年よりはより遠くへ!」というのが目標なぞうな。
だから、それって「何かの修行?」とたずねると、
「いえ、去年以下だと老いを感じてしまうので…」
とのこと。

かって華麗だった彼も加齢は気になるようですね♪

ちなみに、今年は原付きで 大阪~岡山(笠岡)、往復約450キロの道のりを走破したとか!
(朝6時に出発し、夜8時に帰宅とのこと)
まあ、以前のツーリングで、大阪からわざわざ岡山まで迎えに来てくれた彼のことなんで、
できるっちゃアできるだろうけど…

がんばるね~!

とまあ、そんな感じでいろいろ話をしていると、
彼のお店にもお客さんが来られたので、油を売るのはこれにて終了!
また来るわな~!
そう言ってサヨナラ、サヨナラ♪

IMG_8998.jpg
カメさんも金魚さんもサヨナラお元気で~!

そんなわけで、お目当てのオイルは買えませんでしたが、楽しい油は買えました♪
(*^人^*)

IMG_9011.jpg
さて、このハンドルに引っ掛けてあるビニール袋の中身は何?


* お昼ごはん *


先日、友人のSNSでかきおこ(牡蠣いっぱいのお好み焼き)を見て以来、
無性にそれが食べたくなったので久々にこちらへ。

IMG_9003.jpg
財布とお腹に優しいだるまや

ですが牡蠣はまだシーズン前とのことでなかったので、
ここは奮発して、メニューの中で一番豪華な大名焼きを注文!
IMG_9009.jpg
豚、たまご、エビ、イカ入りの全部入りなのです!

なのにお値段580円

実はここは、豚玉なら360円串カツ一本20円
とひじょ~~にリーズナブルなお店なのです♪

ですので、鉄板熱々の大名焼きに、ノンアルコールビール、
それに、お土産用の焼きそば3人前を足しても2000円でお釣りが来ました。
IMG_9006.jpg

というわけで、先ほどのハンドルに引っ掛けて袋の中身は、
お土産の焼きそば三人前なのでした!
ヽ(^∀^)ノ


今度はビールと串カツも注文したいな~。

誰か一緒に行きましょう!

ヽ(^∀^)ノ

要塞跡と犬 後の2篇 (第12回火曜日ミーティング研修会)

さて、尾道グルメを堪能した私たちはそろそろ帰路につくことに。

まずはその一歩。
IMG_8842.jpg
小さなフェリー(渡し)に乗って海を越えお向かいの向島へ。

小さいとはいえ地元の足代わりの船なので、自転車や自動車も普通に乗ってきます。
すると私たちの後に乗船してきた車の助手席にふと目が留まりました。
なんとそこには家で留守番しているはずの以蔵の姿が!

IMG_8272.jpg
「え?ぼくが?!」

とはいえ、むろん以蔵のはずがあるわけではなく、そっくりさんではありましたが、
やはり愛犬たちが恋しくなっている私はついついそこに目が行く。
すると飼い主さんがその子を連れて車から出てきたので、
これ幸いと写真を撮らせていただきました♪
(確か以前のツーリングでも以蔵のそっくりさんに出会ったな~♪)

IMG_8843.jpg
「こんにちはミルクです。」

お話をお伺いすると、今年で16歳になるこの子で、
この船の切符売りのおじさんちの子の様子。
だから目が見えなくなっているのに、
前足でテンテンとおじさんにタッチしておりました。

そんな光景を見ていると、私もいよいよ里心が沸いて来るので、
「ああ、あの子達今はどうしてるだろう…」と同時に、
そういや、前回の白浜ツーリングの時、
以蔵が私の不在の夜に泣き叫び続け大騒ぎした、
いわゆる「以蔵の甘えた問題」があったのですが今回はどうであったのであろう?
そんなことを考えておりました。

*家に戻り話を聞くと、今回は奥さんが機転を利かせ、
私が使用している毛布を以蔵に与えてみたところ、
それにくるまり大人しく寝ていたとのこと♪


そんなこともあって、戻り道はやや気が焦り、ついつい速度を上げがちになったのですが、
そこはそれ、私の愛車はハンターカブ。
笑えるくらいにアクセルレスポンスが悪いので、島内の道では出てもせいぜい法定速度。
まあ安全運転できるからええわけですけどね。

そんなわけで、あっという間にあめさんが野良犬を見たという場所に到着。
IMG_8846.jpg
ここでバイクを止めて、いったん備え付けのベンチに腰を下ろします。
もし、いつもここで休憩する人から餌をもらっている子なら、
この下様子を見て寄ってくるかもしれないと思ったので。

ですが何も出てくる気配がない。
どこか別のとこに行ったのか?
それとも自転車と違いバイクは排気音などがあり怖いのかな?

仕方がないので、ベンチの下に、封を開けたカロリーメイトをそっと置き、
IMG_8847.jpg
「じゃ、行きましょうか?」

そういうわけで再度橋を渡り継ぎ、島をどんどんわたっていきます。
IMG_8869.jpg
もうずいぶん陽が傾いてきたな~。

だからまぶしい西日を気にしつつ、ゆっくり進んでいると、
前方になにやら白茶色っぽい生き物が、
ふらふらしながら一匹でこちらに向かって走って来る!

え?!
犬?!

犬だ~!

もしかして例の子か?!

どうする? どうする?


と、頭の中で超高速で考えている間もどんどんその子が近づいてきて…

あれ?

でも、首輪してるしバンダナしてるぞ?

で、よく見ると、その子のやや後方に付かず離れずのスクーター。
そして私がその子を見ているのに気づくと、
スクーターのおじさんがニコニコしながら会釈を。
そう、つまりあの子はおじさんの飼い犬で、
ああいう感じでノーリードで橋を越え散歩を楽しんでいたようなのです。

ほっとするやら、残念やら…
(でももし野良の例の子だったらどうしていただろう?)

てなわけで、そんなことを考えながら走っていたら、
まぶしい西日はいつの間にか夕陽に変わっておりました。
IMG_8851.jpg
夕陽を眺めれる場所に、カップルで座れる素敵なベンチ♪
だけど間にゃ、大きなレモンが立ちふさがるので、
抱き合うにはお互いレモンを抱っこせねばなりません。
(実はこの島は、レモン生産国内一位!)

さすがにあめさんと、おっさん二人で座るわけもなくそのまま出発!
さて、この夕陽が残っているうちに、
ルート上で最も夕陽のきれいな浜辺を目指します。

写真撮影間に合うかな?

IMG_8877.jpg
間に合った~!


え?
夕陽の写真じゃないのかって?
そういうのは写真じゃなく、やはり眼に直接焼きつけないとね。

そんなわけで、ぼ~っと夕陽を眺めていたら、
空気がずいぶん冷たくなってきたので、ここで防寒着に着替えようと思い、
あめさんに次に乗る小さなフェリーの出港時刻を確認すると、
「40分発なんで、余裕ありますよ。」とのこと。
だから再度、あの小島でのように半裸になって汗を拭きとり、
気持ちよくなってから着替えようかとも思いましたが、
周囲にギャラリーもいないので、さすがにそれは思いとどまり、
てきぱきと急いで着替えを終えました。

IMG_8878.jpg
さあ、行きますか!

で、少し走り出してすぐに小さな港に到着。

すると…
IMG_8883.jpg
あれ?フェリー来てるやん!

おまけに今にも出港しそうな感じ!
予定ではまだ20分以上も余裕があるというのに?!

実は、時刻の変更があったのかどうだかで、
40分出港と思い込んでいたのが、20出港だったのです!

やばかった~!
あそこで私がはりきって半裸になっていたら、
この船に乗りそこなっているとこだった!
(=^^=)ゞ

IMG_8885.jpg
というわけで、無事乗船(^^♪

やっぱフェリーは小さければ小さいほど楽しい!
そして進むのは、沖であればあるほど楽しい!

だから吹き付ける冷たい海風も何のその!
私は舳先に居座り続け、ずっと波を眺めておりました。
(ああ、防寒着に着替えておいてよかった~♪)
IMG_8895.jpg


そしてこの船が目的地に着く頃は、あたりはすでに真っ暗。

だからその後は写真撮影などすることもなく、
ひたすら暗く寒い夜道を走り続け四国に上陸。
そして、それからも夜の国道を走り続けること小一時間。
無事帰りのフェリーの待つ東予港に到着しました。

IMG_8901.jpg
「しんどかったね~。」
「ほんとほんと、よう頑張った♪」


こうして慰労し合うバイクを駐車場に残し、私たちは…

IMG_8899.jpg
うど~ん!

走っている時は、あっさりしたざるそばに決めていたのですが、
注文するときは口が勝手に、「鍋焼きうどん!」と言ってました。
で、実際冷えた体にこれはすごく美味しかった♪
やっぱ、身体の方が頭より正直ですね。

で、その後は早めに乗船し、お風呂でさっぱりしたのちに、
IMG_8907.jpg
ロビーで打ち上げ~♪

このツアーを開始した10年ほど前は、
参加者の皆さんも私も元気だったので、
この手の宴は深夜遅くまで続いていたのですが、
さすがにこの歳になるとそういうパワーも枯渇してきているので、
小一時間あれこれ話して、10時過ぎには寝室で倒れておりました。

(=^^=)ゞ


でも歳取った分朝は早いぞ!
IMG_8908.jpg
客室の灯りが付くと同時に目を覚まし、こうして優雅にモーニングコーヒー。

前夜の予報だと大阪は雨のようだったけどどうだろう?
船出てすぐカッパ着るのもいややな~。
そう思いながら窓から表を覗くも、真っ暗でいまいちよくわからない。

ですが港が近づくにつれ日も昇りどんどな軽くなってきて、
IMG_8909.jpg
大阪港は降ってないみたいだ!

というわけで、かっぱを着ることもなく無事到着!
IMG_8914.jpg
見た感じ直前までは降っていたようでした。
よし!最後までついてるぞ!


というわけで、ここからはお互い家に向かって走るのですが、
実はあめさんと私は結構ご近所さん♪
だから帰り道もほとんど同じなわけなんで、信号待ちも仲良く並ぶ。
するとあめさんが、
「あれ?後ろの箱外れかけてません?」

ん???

そこで道の脇に止め確認すると、確かに固定ベルトが一本切れてぐらぐら!
ゆっくり走れば大丈夫そうだけど、ここにきて荷物を落としたら元も子もないので、
アルミアワイヤーで応急処置。
あめさん、サンキュ~!(*^人^*)
IMG_8916.jpg
こういう時のために、いつもハンドルに巻き付けておいてよかった~。

しかしまあ、ベルトが切れたのがツーリング先でなくてよかった~!
そしてまた、あめさんと同方向で、彼が気づいてくれてよかった~!

いやはや、なんだかんだでついてたな~♪

(=^^=)ゞ



とまあ、こんな感じで今回も思いっきり満喫してきた私なのでありました。

あ~、楽しかった♪


要塞跡と犬 後の1篇 (第12回火曜日ミーティング研修会)

さてさて、小島の要塞跡を満喫した私たちは、
3時間ぶりにバイクにまたがり、やっとこさ瀬戸内海に向けて走り出したのです。

こちらは毎度おなじみの原チャ専用の「原付道」の入り口。
IMG_8808.jpg
原付き乗りならば一度はここを走り、原付道の道を極めたいものですね。
(=^^=)ゞ

そんなわけで、橋に入ると一気に高度は上がり、
ついさっきまで水面をプカプカ浮いていたのが嘘みたい!

IMG_8805.jpg
あの小島(こじま)が先ほど要塞探索していた小島(おじま)です。

さて、気が付くともうお昼前なので、ここからは寄り道せず一気に走ります!

IMG_8810.jpg
とはいえ、燃料が無いと走れないので、いったん止まって給油です。

すると、ちょうど向かい側のコンビニで、何やら盛大な犬の吠え声。
ん?ミニチュアダックスかな?
そう思い視線を道路に向けると…

あぶない!

後足ををビッコ引いた犬が、一目散にコンビニに向かって道路を横断!
幸い車がなかったからよかったものの、
多分あの子は野良犬で、以前事故に遭ったのではなかろうか?

そこで少し気になりその子の行方を目で追うと…

IMG_8812.jpg
あ!先ほどのダックスと合流し、
どちらもすごく嬉しそう!


IMG_8811.jpg
ん?今度はお座りしたぞ?

すると、ダックスが一度姿を消したと思ったら、
再度男性とともに現れ、その男性が…

IMG_8815.jpg
あ!あの子に何かあげている!

そして、あの子は嬉しそうに食べている♪

恐らくは、この男性が定時にダックスとやってきて、この子にご飯を与えている様子。
そして、この子と仲良しのダックスが、と大きな声で吠え到着を知らせるので、
この子は大喜びで駆けつけている。
多分そんなとこなんでしょうね。

ほっとすると同時に、すこし切なくなりました。

うちの近所なら何とかできるけれど、あいにくここは旅先。
出来うるならば、この男性がこの子も一緒に飼ってあげてはくれまいか…
そんなことを思い、後ろ髪を引かれながら、再度走り出しました。
(今後のこともあるので、一応ポケットにカロリーメイトを忍ばせて。)

で、その後は何事もなくお昼ごろには多々羅大橋のたもとに到着!
IMG_8818.jpg
昼飯代わりの塩ソフト♪

ちなみに、ここには道の駅がありいろいろ売っているので、
お土産をあれこれ買い込むのに最適。
私は年に一度ここではちみつレモンをまとめ買いし、自宅に発送してもらっているのです。
どちらも国産なのに、めちゃくちゃ安く買えるんですよ!
(レモンなんて袋にたくさん入って200円ほど!)
だから今回ははちみつ7.5キロ、レモン20個ほど買いこみました。
(さて、家に帰ったらこれで何を作ろうか~♪)
ヽ(^∀^)ノ

とまあ、こんな感じで個人的な用事の一つはまず終了。
残るはあと一つ!
それは本州に渡らねば叶わないのです。
ですが実はこの橋は、愛媛県と広島県の県境なので、
ここを越えればもう広島県。
つまり、本州はかなり近いぞ!
ヽ(^∀^)ノ

さて、このしまなみ海道は、最近テレビなどでもよく取り扱われ、
特に自転車乗りの間では聖地とまで言われるほどになっております。
ですが、意外な盲点とでも申しましょうか、
実はこのルートアップダウンがえげつない!

一見橋の上をのんびり走って渡れるイメージなんですが、
その橋にたどり着くまでが実はものすごく大変!
というの、どの橋も海上交通の妨げにならぬように、かなり高く造られているので、
必然的にどの橋も各島のかなりの高所が進入口となっております。
そのうえ、自動車とは違い、自転車などは、どの橋を渡っても、
一度その島に降りてから再度次の橋を目指すこととなるので
橋の乗り降りは、つまり山の上り下りと同じ意味!、
だからなめてかかるとかなり痛い目に会います。

実際、毎回途中でへばり、ケンカをしている自転車カップルをちょくちょく見かけます。
だからみなさんもし自転車で行かれる場合は、くれぐれも準備とご覚悟を♪

ですが私たちは原付きとはいえ、バイクなで楽ちん♪楽ちん♪
だから、アップダウンの気持ち良さという恩恵のみを堪能できます。

つまりは、こんな感じ。

IMG_8820.jpg
山道を一気に下りきると、目前にいきなり海!

そしてそのまま合流すると、

IMG_8825.jpg
気持ちよすぎるシーサイドクルージング!

とかく瀬戸内の海は明るい!
しかも天気が良いと、心の底から明るく楽しい!

だから、こういう気持ちの良いアップダウンを数回繰り返していくと、
いつの間にか島々を渡り歩いて…

IMG_8827.jpg
「ありゃ!本州(尾道)到着だ!」

で、無事本州に着いたので、ここでもう一つの用事を済ます!

IMG_8834.jpg
去年立ち寄りとても美味しかったラーメン屋さん



IMG_8833.jpg
今年もやっぱり牡蠣ラーメン!

麺が適度な太さでもっちもち!
スープは麻薬の様に後を引くうまさで、白ご飯とセットにすると止まらない!
ヽ(^∀^)ノ 美味しい~!

ただ、なんかやたらその後喉乾くんですよね。
特にしょっぱくもないのに…
実は昨年はスープを飲み干し、同様に喉が渇いたので、
今年は半分しか飲まなかったのに。
牡蠣の呪いか?
(=^^=)ゞ

でまずは望みが叶ったのですが、実は望みがもう一つあったのですよ。

それが、これ!

IMG_8837.jpg
喫茶からさわたまごあいす

なんでもここのアイスもなかがかなり美味しいとのことだったので、
昨年食べに寄ったのだけれども、あいにく火曜が定休日。
だから、「まあ、ゼー六みたいなもんだろう。」と酸っぱいブドウを気取ってはみたものの、
やはりそれが諦めきれなかったので、今回も一応来訪。
すると、やはりお店は閉まっていたものの、店の扉には貼り紙が。
ほうほう!アイス自体はすぐ隣のコンビニで販売しているのか!
そういうわけで、もなか抜きのアイスを堪能しました。

で、感想は…

うん、やはりゼー六みたいだけど、より一層ミルク感があるね。
確かにもなかの皮やウエハースとよく合うと思う。
うん、美味しい!
ヽ(^∀^)ノ

というわけで、思いをかなえた私は大満足♪
あとは、帰路につくだけだ。

と、そう思っていたらあめさんが、

「そういや、途中の島で野良犬がいましたね。」
「え?!そうやった?!」
「小さな公園で、ちょうど自転車の人が休憩している前にちょこんと座りこみ、
その人すごく困ってはりましたよ。」

「ということは、いつもその公園で誰かから餌をもらっているんかな?」
「かもしれませんね。」

となれば…

そういうわけで、先ほどポケットに忍ばせたカロリーメイトに加え、
旅のお供にと買っておいたジャーキーもポッケにねじ込み、
再度海に向かって走り出したのでした。


つづく

ほんま長くてわるいけど、次回最終回ね。(*^人^*)





要塞跡と犬 中の2篇 (第12回火曜日ミーティング研修会)

さてさて、山を登り切りやっとこさ遺構をすべて制覇したと思った矢先、
実はさらに奥にまだいくつか遺構が残っていることを知った私たち。
この時点で残り時間30数分。さてどうする?

行くしかないでしょう?

というわけで、今登った坂をどんどん下る。
そう、この下りがさらなる登りの序章でないことを祈りつつ。

ですがそんな私の心配事をあっさり裏切り、

IMG_8751.jpg
発電所跡

IMG_8755.jpg
砲弾庫跡

そして

IMG_8746.jpg
北部砲台跡

とあっさり登場!
どうも、北端部は浜に近い場所に建てられていたようでした。
(よかった~♪)

あいにく発電所跡と砲弾倉跡は周辺が沼状態だったため近寄れませんでしたが、
砲台跡のその美しさと立派さはそれを補って余りあるほどでした。
造りの丁寧さももちろんだけども、なんなのこの見事なシンメトリー!
軍事施設なのに…
(いや、考えれば実用施設だからこそその必要があったのか。)
でも、知らずに見たら、舞台か宗教施設に見えなくもないよね。

でも実はこの施設はかって破壊されそうになったことがあるのです。
それは大正期、空軍の空爆演習時、
既に不要となっていたこの施設がその標的に!
ですが、幸か不幸か演習は失敗に終わり、
多くの爆弾は近海に落ちて、ここは破壊を免れました。
それでも一部は破壊され、その部分は今もそのまま残され、
当時の爆撃の激しさをまざまざと見せつけてくれます。

というわけで…
先ほどの美しい砲台からほんの数メートル北側へ行くと、

IMG_8759.jpg
ああ!メチャクチャに破壊されてる!

IMG_8768.jpg
大きなコンクリート片が散らばりったままで、

IMG_8775.jpg
ぶっとい鉄骨がグニャリ!

こちらは今でもめちゃくちゃ硬く、ちょっとやそっとでは曲がらなさそうなのに、
それがこんなに曲がっているなんて!
(というか、100年前の鉄がまだ現役並みの強度だなんてどういう事?)

その様子に驚いていると…

IMG_8777.jpg
え?!これは爆風で裂けてしまったの?

これはすごい…
余りの迫力に、爆発のすさまじさを疑似体験できました。

しかし、こういう状況をこの様に当時のまま置いているというのは、
おそらく他には無いのではないでしょうか?

だから、そういう意味でも本当に貴重だと思います。
そしてまたこの状況を保ってくださっておられる、
そういう地元の方々の日々の努力と御苦労にも頭が下がる思いです。
(でないと、こんな状況一気に草ボーボーで崩れてしまっている!)

さてさて、これでやっと完全制覇!
ヽ(^∀^)ノ

とそう思ったら!

「まだ上に司令塔があるけどどうします?」

えええ~~~~~~~~~!

それで上に向かう階段をひょいと見上げれば、
先ほどの階段同様、天へも届けといわんばかり!

まあ、こりゃあれだ。
登るのは全くやぶさかではないけれど、
多分先ほど同様だろうし、そうなるとまたわしは半裸にならねばいかんし、
でも今はもう汗が引いてるから風邪をひきかねないし…
それになによりね、
ほれ、時間がね~。
船の時間がね~!
惜しいな~。
時間に余裕があればこんな階段、ほいほいほいっと、何度でも往復できるのに~!

というわけで、登るふりだけして港に戻ることとなりました。
IMG_8769.jpg
(=^^=)ゞ

で、何やかんやですべてを巡った感想としては、
なんと大掛かりな事業であったのかということ。
ここの施設の造りはすごく丁寧だし、スケール的にも大きい。
それゆえに私には一つ疑問がありました。
「これって日露戦争の時の施設でしょう?
日本海側ならいざ知らず、なぜ瀬戸内のこんなところにも大掛かりな要塞を築いたの?」
私がそう不思議がっていると、あめさんが、
「それだけ当時の日本は、危機感を持っていたということですよ。」
と、そしてまた続けてこうも、
「翻って今の危機感の無さと言ったら…」
ほんと、ほんと、軍拡を国の威信と思い込み好き放題する国や、
平気でミサイルを打ってくるそういうのが隣国なんだから。

それにしても、本当にどの施設も驚くほどに出来が素晴らしかった。
手つかずのまま100数年過ぎているというのにしっかりしているなんて!
なんでも昔が良かったという気はないけれど、
こういうのを見ると、当時の人々の真面目っぷりと勉強熱心さがひしひしと伝わってきます。
そしてまたこれもあめさんの弁ですが、
これらすべての施設を作り、そして使いこなしていたのが、
実は江戸時代からほんの30数年後なんですよ。
これはぜったいに異常!
当時の日本人がいかに学び、努力したかがうかがえますよね。

まさしく!
だからこそ、途中島で出会った方々も、
無償で清掃等されておられつつも、
みな一様に、誇らしげにあれこれ語ってくださったんですね。

(*^人^*)


というわけで、興奮と運動で火照った体を冷ますべく、
帰りは海沿いの周回路で港へ向かうことに。

IMG_8784.jpg
とはいえ、堤防の上を舗装したこんな感じの道。

途中一緒の船の乗り合わせたおじさんが釣り竿をを振っておられたので、
「なにが釣れるんですか?」とたずねると、
IMG_8783.jpg
アオリイカ?!
(生きているのは色がさまざまに変化してめちゃ綺麗!)

こんなのが、岸からルアーで釣れるんだ!
なんとまあ豊かな海なんでしょう!

そんな感じで寄り道してたら、いよいよ時間が迫ってきた!

でもどうにかこうにか間に合って、無事船より先に元の港へ。
で、落ち着いて周りを見渡すと…
IMG_8792.jpg
なんとも古くて雰囲気の良い木造二階建て!

で、近寄ってよく見ると…
IMG_8800.jpg
なるほど、昔は旅館兼食堂をされておられたのか。

かっての店先に、今はお年寄りの肌着などが物干しざおで干されていますが、
昔はかなりにぎやかだったんでしょうね。
そういや、島で出会った方々もみなさん年寄りばかりだったし、
途中いくつかの廃屋も見かけた。

今後若者がどんどん増えるということはなさそうだけれども、
せめて、先ほどの施設などで盛り上がって、島にお金が落ちてくれればなと、
そう思いつつ、島で唯一の自販機でジュースを一本買いました。

で、そうそう、前回心配していた島民用飲料水の件ですが、
じつは港で偶然水道局の方と居合わしたので尋ねてみたんです。
するとなんと、海峡を越えて水道管を渡しているのだとか!

すげ~~!

だからつい…
「しょっぱくなりません?」
「わははは!それはないですよ。」
「ですよね~。」
「おや?その恰好は…」
「はい、バイクできました。」
「すると港に置いてあった大阪ナンバーのバイクの方々ですか?」
「はいそうなんですよ!」
「いいな~、私も小さいバイク欲しいんですよね。」
「小さいのは最高ですよ!」
「で、今日は四国巡りですか?」
「いや、瀬戸内海横断なんですよ。」

って、

ちょっと待て!


今回まだ一つも橋を渡ってないぞ!

ちゅうか、バイクのツーレポのはずなのに、ほとんどバイクで走ってない!



というわけで、いよいよ次回走り出します。
IMG_8808.jpg

つづく

 | HOME |  »

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する