ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2018-02

第14回いや~ん旅行♪  お腹いっぱい! ~トヨタ博物館~

今回で14年目を迎えたおっさんたちの遠足であり慰安旅行、通称「いや~ん♪」。
せ~やんの愛車「雷鳥号」は今回もおっさんで満ち満ちて、
IMG_1071.jpg
まるでおっさんの缶詰!

ですがみなさん、心は永遠の少年なので、
IMG_1070.jpg
手にはしっかりおやつの詰め合わせ♪
あれこれたくさんで、これだけでお腹いっぱいになりそうや!

用意してくれたのは教授(個人教授)さん。
どうもありがとうございます。(*^人^*)

さて、そんなわけで今回はひたすら東へ東へと向かいます。
で、到着したのは愛知県。
まずはSAで名古屋めしを体験しました。
やっぱ赤みその個性は強烈だ…

IMG_1074.jpg
でもアイスはさすがにみそ味ではありませんでした。
(いや、もしかしたら…  あ!やっぱありよった!「八丁味噌アイス」

で、腹が膨れて苦しい苦しいといいながら向かったのは、
ボンンネットバスが看板代わりの、
IMG_1075.jpg
トヨタ博物館。

ここは、世界のトヨタが設立した車の博物館。
実はかれこれ30年近く前にも訪れたことがあるのだけれど、
あれから展示もずいぶん変わっているだろうから楽しみ!
さてさて、どういう感じかな??

ワクワクしながら中に入ると…

IMG_8680.jpg
お~!トヨタ2000GT! となんか新しい赤い車!

うんうん、やっぱトヨタといえば2000GTだよね。
そういや、去年静岡のヤマハミュージアムに行った時も2000GTがあったね。
まあ、エンジンはヤマハ製だからね~♪
ん?そういや、途中見かけたハチロクもエンジン(および基本設計)はスバル製だったね。
……、うん、やっぱ世界のトヨタ!
うまく取り込んで大ヒットさせたもんだよ!
ヽ(^∀^)ノ

そんなわけで、エントランスでひと騒ぎしたのち展示場へ。

まずは自動車黎明期の車両のコーナー。
IMG_1079.jpg
ごく初期の自動車がいくつもありますので、
そのシンプルながらアイディアに満ちた構造は、
「ふむふむふむ… なるほど、ここがこうなり、そしてこうなるのか…」
と目で見て分かりやすく非常におもしろおい!

だからついみんなでワイワイやっていると、
「これ、わしら全員で頑張れば何とか作れるんとちゃう?」
とまで声が出るほど。
(=^^=)ゞ

また当時はガソリン以外の内燃機も実用化を目指したこともあり、
ここには蒸気、電気などを動力とする自動車も展示されており、
その始動方法や走行動画などもあり私はそれらに見入ってしまい、
気が付くとほかのメンバーはすでに先の方へ行ってしまっておりました。
(=^^=)ゞ

ちなみに、上の画像の黄色いホイールの車は蒸気機関自動車。
でだから機関部は見慣れた大好きなストーブやトーチの機工がてんこ盛りで、
見ていてすごくワクワクしました。
ヽ(^∀^)ノ

中でもかなり気にいたのがこれ。
IMG_8687.jpg
De Dion - Bouton(ド ディオン ブートン )

フランス製のこの小さな三輪車は、後ろに客車を接続し走りました。
正に馬車の馬の代わりですね。

これなら頑張れば作れそうでしょう?

IMG_8686.jpg
うん、やっぱヘッドライトはカーバイトランプに限るね!

てなわけで、一人残った私はみんなのあとを追いかけますが、
それでも、要所要所気になる車があるので、なかなか先に進めない!
で、やっと追いついたのはこちらのコーナー。

レーシングカー!ヽ(^∀^)ノ

やっぱ、この手の車はみんな大好きですよね。
無論私も大好きで、展示車両すべてをご紹介したいのですがそれは無理!
ですので、中でも大好きな二台を!

IMG_8688.jpg
Bugatti Type 35B

フレンチブルーをまとった何とも素敵なブガッティ!
私ら世代のクルマ好きならたいていは見ていたカーグラフィックTV。
あの番組のオープニングが、こいつのエンジンを始動で始まっており、
その格好良さに、ハートをわしづかみにされたまま今に至ります。
(=^^=)ゞ

で、その後ろにあるこれは…?
IMG_8691.jpg
あ~!ベイビーブガッティ!

これは、ブガッティが社長の息子をはじめとおする、大金持ちの子供たち用に作った、
子供用の電気自動車!
実写は初めてみた~!
ほしい!
ほしずぎる!
誰かわしを大金持ちの養子にしてくれ~!

(=^^=)ゞ

さて、大好きな2台のうち、残りの一台はこちら。
IMG_8689_2018022111342548c.jpg
Morgan Aero

赤いよ~!赤いよ~!
Vツインエンジンだよ~!
そしてなんといっても、、
車輪が三つの三輪車だよ~!

と、わたしの子のみが三拍子全てそろったこの一台。
死ぬまでに一度乗りたいな~、でも絶対無理だろな~、とか思っていたら、
5~6年ほど前に今の技術でレプリカが製造&発売!
しかも価格は、(後先考えねば)買って買えないほどではない!
だから、今後、運よくどこぞのオーナーさんに出会えないとも言い切れない。
その時絶対乗せてもらうんだ~。

だって、もうわし素敵なヤツをすでに持ってるもの!

そう、モーガンにも負けない、赤い三輪車!

IMG_8721_2018022111583713d.jpg
Messerschmitt KR200

うんうんうん、いっしょいっしょ!
わしのんと一緒!
とか言って喜んでいると…

「ひすさんのよりかなりつやがありピカピカですが…」

という周囲の声!

こ、これはね~!
この子が脂ぎって、テカってるだけだから~~~!
うちの子はね、乾燥肌なの!

(=^^=)ゞ


でこの後のコーナーは、いわゆる国産大衆車のコーナーなんですが、

IMG_8724.jpg
「一つ目お化けだよ~!」
フジキャビン

IMG_8726.jpg
「ニィ♪軽自動車は歯が命!」
フライング・フェザー

と、ここでも個性的で私の大好きな車がたくさん!
特にこの二台は大好きな奴らで、合わせて上映されていた走行動画にはくぎ付け!
フジキャビン、思ったより速い!
こりゃ、3輪同士メッサーと並んで走ればいい感じではないか?
フェザーはいい!
なんかもう、キュッとしてて手の中に入れたくなる!

そんな感じで身もだえている時、ふと目に入ったのが…

IMG_1110.jpg
ファミリア~!

おお~!
これぞ、私が若かりしとき、同じく若かりし奥さん(当時彼女)と乗り回していた車!
願わくばあれと同じ赤色であってほしかったですが、
脳内で赤色に変換し、当時の記憶と重ねつつ、舐めるように眺めておりました。

いつかまた乗りたいな~。

というわけで、じっくりゆっくり見学し、
果てはこの様に記念撮影までしてお腹いっぱい♪

とか満足していたら…
IMG_8728_201802211158418f4.jpg
「あれ?ほかのみんなはドコ?」

というわけで表に出ると、

IMG_1113.jpg
「遅いって~!」
(=^^=)ゞ「ごめん!ごめん!」

というわけで、待ちかねていたしのやん&かいせいさんたちと合流。
で、再度雷鳥号に乗りこんで、目指すは西!

向かう先は岐阜県は養老にある、
「世界一危険な公園」
とのことで有名な養老天命反転地
なのですが…

IMG_1115.jpg
博物館で時間を食いすぎたため、到着したのは夕暮れ時。
ゆえに、閉園時間が迫っていたため、入場はせず眺めて戻ることにいたしました。

それにしても…

IMG_1116.jpg
このあたり見事に何にもない!

見渡す限りの地平線!
だから思わず、カメラを取り出してしまいました。
いつもなら「何かある」からシャッターを押すのに、
まさか「何もない」からシャッターを押すことになるとは!

ですが、その後大きな川(揖斐川)を渡ると景色は一変!
店が、家が、町が現れ、そしてあちこちに真っ赤な鳥居が。
それもそのはず、次に向かったのは千代保稲荷神社
くわしいことはリンク先をご覧いただきたいのですが、
聞けば、参道に延々とお店が立ち並び賑やかであるとか。
そこで各自お小遣いを握りしめ参道へと向かったのですが…

IMG_1118.jpg
「なんかどこもお店が閉まってますな~。」
「閉店時間ですかな~?」


はい、ここでも時間が遅すぎて、お目当てのお店での買い食いは叶いませんでした。

だれや!博物館で時間を食ったのは!
(=^^=)ゞ

というわけで、ここはひとつまじめにお稲荷様に商売繁盛をお願い。

IMG_1122.jpg
「これでどうか、一つよろしく…」
「コン♪」


面白いことに、こちらは、こういう揚げさんとろうそくを買ってお供えするんですよ。
さすがお稲荷さん!

で、帰り道もシャッターの閉じた店の前を見れんたらしく眺めつつ戻ったのですが、
IMG_1125.jpg
お!ここのひとは絶対ワンコ好き!

などという感じで、見ていて面白いのでそう退屈はしない。
中でもお食事処に必ずあったこのメニュー。
IMG_1120.jpg
なまずのかば焼き

そそられる~!

実は子供の頃、自分で捕まえたなまずをかば焼きにして食べたけど、
あっさりしたウナギみたいで結構おいしかったのです。
ですので、豊かな大きな川がすぐそばにあるここのかば焼きなどは、
かなり期待してもいいんではないかと…

でもさすがに川の恵みでも、これはないだろう?

IMG_1126_20180221140601106.jpg
ザリガニ?!

念のためメニューサンプルをはじめ店内をあれこれ見たけど、
どこにもザリガニは売っていない。
でも、大きなエビフライはメニューにあったんで、
もしかしたら、この大きな看板はえび?!

でもどう見てもザリガニだよね~。


そんなわけで、ここをあきらめ、この先の帰り道で食事をすることとしたのです。
ですから、途中SAに立ち寄った際てっきりそこで食べるのだと思った私は、
お先に少しお土産の買い出しへ。
すると携帯に緊急連絡!
「食事時ニ向カウ。スグ戻レ!」
いったいどうゆう事だろうと思っていたら、私が買い物している間に、
インフォメーションのおねぇちゃんからとある情報をゲットしていたのだとか。

「で、いったい何食べるの?」
「やきうどん?かな?」
「??」


そういうわけでどんどん西へ戻り、亀山ICで一般道に降りると…

IMG_1131.jpg
あ!亀八食堂やん!

実はこのお店、友人たちのSNSで見知っていたけど、来たことはなかった。
でもここ焼うどんやったっけ??

そう思いつつ店に入り、中もオンしようとメニューを見ると、
ん?お肉の種類だけがいっぱい??

そういうわけで、牛バラ&豚バラを人数分注文すると、
IMG_1134.jpg
てんこ盛りの野菜&お味噌と一緒にやってきた~!

で、あとはうどんをぶち込み…
IMG_1137_20180221141358e33.jpg
ひたすら混ぜる!

こんな適当でいいのかしらん?とか思っていると…
IMG_1138.jpg
おいしそうに出来上がったじゃないの~!

というわけで、あとは早い者勝ちのいただきます!

で、あっという間に…

IMG_1139.jpg
ごちそうさまでした♪(*^人^*)

いや~、思った以上に美味しいね♪
この味噌がみそなんだろうな~。とか言いながら、
みなさん大満足♪

そんなわけで、満腹満腹と機嫌よく家路につきました。

やっぱ、大人になってからの遠足は楽しいね~。
これだから大人はやめられない!
ヽ(^∀^)ノ



そういうわけで今回も大いに楽しませていただきました。
毎回ルート設定のみならず、運転まで一人でこなしてくださるせ~やんに心より感謝!
いつもありがとうございます。
(*^人^*)
スポンサーサイト

節分参りで振り切った ~ホンダスポーツカブ C115S~

さてさて、
待ちに待った休日だ!

IMG_0880.jpg
さあ、出かけるぞ!


相変らず寒い朝、まずはわんこの散歩と役所の用事を済ませ、
ほんの数時間の自由時間。
まるで、リードを放たれたワンコの様にバイクに乗って飛び出します。

だって、普段も乗りたくて仕方がないのだけれども、
乗れる時間はどうしても夜になるし、
さすがに今の時期夜中にバイクで走り回るほどの元気はないし。

そんなわけで、ここ最近は寝る前に布団に足を突っ込みながらバイク雑誌を眺め、
「今度の休みには、これ乗るんだ~♪」
と、ムホムホ♪と妄想に明け暮れていたのです。
だから、休みの前の晩は、もう遠足前の小学生!
おまけに朝から良い天気と来れば、
もうね、
誰もね、
止めることなんかできやしない!

そんなわけで、昨日乗り出したバイクはこれ。

IMG_0849.jpg
ホンダスポーツカブ C115S

1961年製で私よりも年上なわけですが、いやはやまだまだ元気!
元はカブのエンジンとはいえ、吸排気、圧縮比などなど、
メーカーが本気でチューンしただけのことはあって、
たった55ccのOHVエンジンなのに、面白いほどよく回る!

そしてその回転に合わせて、
細いながらも途切れない粘りあるパワーがエンジンから絞り出される!
しかもそれが、今の交通事情だと、十分に安全運転範囲内で行えるので、
走る場所を選ばず、どこに行ってもものすごく楽しい!
ほんと、赤信号ですら、発進の瞬間を待ちわびれる、
そういう装置に思えるほどに!

そんなわけで、はた目にはどう映るかわからないですが、
私自身は、常に気を張り続けてバイクを操っていたので、
ほんの30分ほどで少し一服したくなりました。
(指先もかなり冷えてきましたし。)

そんなわけで、いつものカフェで一休み。

バイクを定位置に止めると…

IMG_0844.jpg
「チュンチュンチュン…♪」

もうすっかり覚えているのか、どこからともなくスズメたちが集まってくるので、
私はつい手を滑らせて、パンくずをぶちまけてしまうわけなんです。
いやほんと、この時期は指がかじかんで思うように動かぬわ~♪

そんなわけで、スズメと一緒に日に当たり、人心地着いたらば、
時間が惜しいので、再度バイクにまたがり出かけます。

で、次の目的にに向かって大きな橋を渡り堤防沿いに走っていたのですが、

「すげ~風だ~!」


横風でバイクごと身体を持っていかれふらつき、
向かい風で押し戻されてなかなか前に進まない!

だから
「こなくそ~!」
と、大きな声で叫びながら、ギアを落とし回転を上げつつ突き進む。

これがこれで面白いもんだから、端の橋まで到着したものの、
もう一度同じことをしようと、再度同じ道を引き返すと、今度は追い風!
だから、予想以上にスピードが乗るので、
「わはははははは!」
と、やはり大きな声で笑いながら突き進む。

IMG_0865_20180207100858363.jpg

で、こんなことを数回繰り返している時、何気にメーターを見て驚いた!

「え?100キロ?!」

スピードメーターの針が振りきれているではないですか?!
しかもこの時は向かい風で、せいぜい出ていても50キロほど。
もしかしてメーターが壊れた?
そこで、いろいろ試すと、どうも低めのギアで引っ張り続けると、
途中から針の動きがおかしくなってくる様子。
その後普通にシフトして走ってみると、メーターの針はスムーズに動くので、
エンジンの振動などがなにか関係しているのかな?
いずれにせよ一度開けて掃除してみた方が良いかもしれない。



というわけで、あとは大人しく堤防を下り本来の目的地へ。

IMG_0876_20180207100900b73.jpg
節分参りで有名なあびこさん。(あびこ観音)

ここは、聖徳太子が建立したお寺で、全国にある観音様の総本山。
私は学生の頃から毎年ここの節分参りが楽しみで、(目当ては主に夜店)
ほぼ欠かさずお参りしていたのですが、
今年は夜の寒さに心が折れ、家で犬を抱き、豆も撒かずに過ごしていたのです。
ですが、やはりお参りを途切れさすのは気が引けるし、
なんといっても、ここは厄除けでも非常に有名なので、
日にちがずれてもお参りせねばと、そう思いやってきたのでした。

で、まずはお参り前に手水舎で手を洗ったわけなんですが、
これがまた冷たい!
既に先ほどの堤防ダッシュで指先が冷え切っていたので、
このままでは、指先がかじかんでお賽銭をぽろりと落としてしまう!

すると、目の前に…
IMG_0868.jpg
お~!良いものが♪

本来はお線香に火を点けるためのものですが、
煙が出ない程度まで指先を温めさせていただきました。
(*^人^*)

で、その後は無事お参りを。
IMG_0869.jpg
節分明けというのに、思いの外多めの参拝客。
見ているとみなさん厄除けのお札を求めておられたので、今年が厄年の方たちかな?
私は次の厄年までまだ余裕があるので、普通にお参り。
とはいうものの、この方の眼と腰とお腹はなでなでさせていただきました。

IMG_0870.jpg
賓頭盧尊者さま通称「びんずるさん」。
お釈迦様の弟子のひとりで、ものすごい超能力を持ったとの方で、
くわしくはこちらを。
で、今でもその能力は健在で、
病気の者がこの像の自分の患部と同じ場所を撫で、
そして再度その手で自分の患部を撫でると、病気が治ると伝えられております。
(私の場合は、緑内障、ぎっくり腰、腎臓結石)
だからいつも大人気で、節分の時などが長い行列ができるほど。
ですが、この日は空いていたので思う存分撫でさせていただきました。
(*^人^*)

そんなわけで一通りお参りを済ませ戻ろうと思いましたが、
そうそう、おみくじを引いていなかった!

とはいえ、ここのところ3年連続で「凶」を出してるからな~。

そう思いつつじゃらっと引くと、二本同時に出てきたのでこういうときは仕切り直し。
で次に出てきたのは…

一番?

IMG_0871.jpg
お~!大吉やん♪

こりゃさっそくびんづるさんの御利益かな?

そう思い、機嫌良くバイクにまたがり家路に向かい、
途中きよさんちに立ち寄りその話をすると…

IMG_0900_2018020710100699e.jpg
「ぷぷっ!じゃ、あとは落ちるだけやん♪」

って!
そんな人を振り切ったスピードメーターの針みたいに!

でもええねん。
上を知らずに底値で安定よりは、
ぱっと派手に登り切る方が絶対いいでしょう?

そんなわけで、暖かくなったら一度スポーツカブをばらしてみて、
こんどは実力でメーターの針を振り切らせてやるんだ!

と、そう思ったの私なのでありました。

でもまだまだ寒いから、今しばらくは店の中でぬくぬくしとこ~っと♪
IMG_0903_201802071010425e0.jpg

貧乏性(バイク篇)

さてさて、こないだの休みはこんな感じで朝からカフェレーサーを堪能していたのですが、
調子よく走っていると、あることを思い出しました。

「あ!灯油を買いに行かねば!」

まあ、バイクで走っているわけだから、そのまま灯油缶積んで走ればいいのだけども、
あいにく私が乗っていたのは、かっこいいけど実用性無視のカフェレーサー!
だから荷台どころか、積むスペースなんてあるはずない!

そういうわけで、いったんガレージに戻り、乗り換えます。
まあ、自転車でも十分なんですが、せっかくガレージにいるんだからもったいないでしょう?

というわけで、えんやっと、引き出したのはこれ。

IMG_0747.jpg
さて、これは何?


はい、正解はこれでした。

IMG_0751.jpg
1963年製ホンダc105

先ほどのカフェレーサーとは打って変わって、実用本位の商用車!
正に積むために生まれたようなバイクなので、
満タンの灯油缶を積んでも平気の平左♪

とはいえ、さすがに積んだままで走るのは不安定だし、何より楽しくない。
だからガソリンスタンドに灯油缶を預けておいて、
しばし空荷で近所をぶらり。
だって、せっかく引っ張り出したわけだから、すぐ戻るのももったいないし。

で、朝に次ぎ気お昼もパン屋さんでコーヒー。
(今度は家の近所の窯焼きパンのお店。)

IMG_0756.jpg

ありふれた近所の道路も、こうして好きなバイクを前に置くと、
一気に素敵な通りに見えてくる♪

我ながら、幸せで得な脳みそだね~♪

で、無事灯油を回収しガレージに戻りカブをしまったわけですが、
シャッター越しに見る表は相も変わらず良い天気。

IMG_0768_20180131104147d01.jpg

しかも、まだ自由に動ける時間が少しある。

となると、このまま家に戻るのはもったいなくない?

というわけで…


こんどはこれを引っ張り出しました。


IMG_0770.jpg
さて、これは何?


はい、今度はハーレでした。
IMG_0769.jpg

でも、今度こそ何も考えず引っ張り出したので、行く当てはどこもない。
で、堪能できるまで走ろうとするには、自由時間が少し足りない。

そういうわけで向かった先は…
IMG_0783_20180131104150f5a.jpg
行きつけのバイク屋さん、56君のお店。

すると56君、開口一番。

「あれ?今日はこれで三台目ですね?」

「え?見られてたん?!」
「最初ドリームとすれ違って、次はパン屋さんでカブを見ましたよ。」
「あちゃ~!見られてたか~!」
「忙しいですね~。」
「だって、せっかくの休みやからもったいないやん!」


そう、考えたら毎回休みの日はこんな感じでバタバタと一人で勝手に忙しい。
一台だけに絞って、じっくり楽しめば、そうそうバタバタせずともよいのだけれども、
値が貧乏所の私は、もったいない気がしてそれができない。
楽しみ方についてまで、貧乏性なんすよね~。


実は今回の日記に書ておりませんが、
実はこの間数回家に戻ったりして、その都度犬 の散歩にも出ておりました。
そういう方面についても貧乏性なので、詳しい話はまた明日にでも♪



*予告*

〆にはこういうものも引っ張り出して乗ってました。
IMG_0784.jpg
でもこれは貧乏性からではなく、必要に迫られて。

くわしい話は明後日に。


(*^人^*)

カフェレーサー

朝一番。
朝食もとらずにガレージに向かう。

狭く奥まった場所から、ほかのものにぶつけぬよう慎重に一台のバイクを引き出す。
IMG_0689_20180131103232a2b.jpg

うん、良い天気!

でも…

うひゃ~、寒い寒い!

空気がキンキンに冷え込んでいるので、
ひねるキーも、握りこむレバーも同様にキンキンに冷えている。
だからキャブのチョークを引き上げてから、
軽くキックを踏みおろし、抵抗を感じたところで足を離し、
キックレバーがもう一度上まで戻ってきたら、
再度、今度は力を込めて一気に踏み下ろす!

ブォオォ~ン!カラカラカラ

車体に似合わず太く大きな音がするので、
朝の住宅街は少し気が引けるから、
ちょいと通りまで押して出て、そこで十分暖機運転。

IMG_0712.jpg

ついでに日向ぼっこして体も暖気していたら、
3度ほどだった油温も13度まで上昇。
ここで軽くアクセルをあおってみてスムーズに回転が上がるか確認。

排気量を上げスーパーヘッドに乗せ換えてからというもの、
その日一発目の乗り始めはいくら暖気をしても、
その後無造作にアクセルを開けるとなぜか必ずストールする。
(ストール→エンジンの回転が落ち停止すること。)
だから、十分暖機をした後も、こうやってアクセルをあおって、
谷間にあたる6~7千あたりでスムーズに回るよう調子を合わせねばいけないのです。

まるで、寝起きの悪い子のご機嫌をとっているような、
そんな感じで…

でも一旦機嫌が直ると、こいつはもう絶好調!
下からよどみなく盛り上がるトルクに、どこまでも伸びようとする高回転。
特に今のように冷たく冷え切った空気の時は、
吸い込む酸素の量が増えるのか、一層エンジンの伸びが良い!

だから気持ちよくて気持ち良くて。
ことあるごとにギアを落としては回転を上げ、
その都度こちらの気持ちもどんどん盛り上がっていく。

その間、エンジンのパワーをロスするは嫌なので、
風の抵抗を少しでも受けないよう身体はなるべく低く丸く、
そうしてバイクにへばりつく。

で、気が付くとバイクとぴったり一体化。

IMG_0686.jpg

実はただ走りたいから走り出しただけなので、
特に目的地もないものだから、そのまま意味もなく気持ちのよさそうな道を選んで走る。

そのうち暖かいものが飲みたくなったら、
少しお腹が減ってきた気もしてきたので、
一服しようと近のお店に行ってみると…

IMG_0676.jpg
「こんにちは~!」「おはようございます~!」

と、可愛いもん軍団の熱いお出迎え。

そう、ここはテラスでコーヒーの飲めるパン屋さん。
この可愛い子たちは、偶然落としてしまったパンをめあてにこうしてよって来るのです。
で、私も気を付けてはいたのですが、
やはり偶然手を滑らせパンを落としてしまうことに…

(=^^=)ゞ

IMG_0673.jpg

さて、そんなわけで私がこの日乗り回していたのは、
60年代のGPレーサーをイメージしたドリーム50。
でも私自身は、基本的にレースは全く興味がないもんだから、
智識としてのストーリーは押さえているものの、熱い思い入れはほとんどありません。
とはいえ、このスタイルと面白さには心底惚れ込んでおるのです。

その昔GPレース最盛期の頃、イギリスにおいてそういうレースに熱中した人たちが、
自分たちのバイクをレーサーのイメージに近づけるべくカスタムし、
毎週末夜にカフェに集まっては、その性能やかっこよさを競い合いました。
やがてそのカスタムの方向性が一つに絞っていかれ一つのジャンルができました。
いわゆるカフェレーサーであります。

基本的には、短く低いハンドルに、細長いタンク、
ほぼリアタイヤの上に乗っかる小さな一人用シートにバックステップ。
と、実用性は(時には乗りやすさも)一切無視された造りになっており、
またレーサーとはいうものの、本来のレーサーとも当然全く違っておりました。

しかし、バイク好きの一般の人々の思いというフィルターを濾されてきている分、
純粋なレーサーに比べ、そのカッコよさというものは非常に分かりやすく抽出されており、
バイク好きにはもちろんのこと、バイクに興味の無い人の眼から見ても、
「あれ、かっこいいね。」
と、思わせるそういう魅力を持つスタイルになりました。

まあこういうことは、ほかのジャンルでもよくあることで、
絵画でも音楽でも、そのルーツとなるもののエッセンスをうまく抜き出し、
あるいはデフォルメされたものが爆発的に流行するってのはよくある話。
ある意味分かりやすい翻訳みたいなもんなんでしょうね。

だから私なんかもその代表みたいなもんで、
レースに興味がないにもかかわらず、カフェレーサーというスタイルにはすぐに惹かれ、
気が付けば、このドリームはもちろんのこと、寸詰まりのゴリラまでそのようにカスタムを…

で、この日もこうして好きなスタイルのバイクを駆って、
そしてコーヒー片手に一服し、
これで競争できる相手でもいれば、立派なカフェレーサー!

無論そういう事にあこがれはありますが、
さすがに公道で無茶するほどバカでもガキでもない。

というか、

そもそも相手がいない!

う~ん…
これはやはり寂しい。

本音を言えば、バカでもガキでもいいから、一緒に競り合える相手が欲しい。

そうしたらどんなに楽しいだろう?


というわけで、友達のいない私はそういう時、こいつを相手に走るのです。

IMG_0688.jpg
己が影!

そう、文字通り車道シャドウ(shadow)を追いかける!

これ相手だと、いつでもどこでもデッドヒート!
まかり間違っても、抜かれるなんてこたぁない!

そんなわけで、天気の良い朝は、背中に陽を受けひた走っておるのです。

ヽ(^∀^)ノ


IMG_0702_2018013110350391f.jpg


*おまけ*

この日はその後、こういう相手ともデッドヒートを繰り返しておりました。
IMG_0747.jpg

と、
IMG_0770.jpg

くわしい話はまた後日。

メッサー快適空間化②

さて、前回書いたようにメッサーで快適なドライブを楽しむために、
以前作った8Rステレオを12V化したわけですが、
その直後、久々に街に出た際にこういうものを発見し即購入!

IMG_9683.jpg
12V電源のステレオモジュール!

おおむね前回の8Rステレオのユニットと同様リモコン付きですが、
SDカードだけではなく、USBメモリも使用可で、
そのうえ、AUX端子、5タイプのイコライザーまで装備している優れもの!
(これで2000円は安い!)

だから、これをメッサーに据え置いて専用カーステを作成することに!

そういうわけで、まずはこのモジュールを収納する筐体を作成することに。
何か良いものが無いかとあちこち探していると、
「お!これはあの時の!」
目に留まったのは、以前メッサーのバッテリーのプラスマイナスを逆につなぎ
USB部分の回路を焼き切り壊してしまったシガーソケットコンセント。
捨てるつもりでいたけれど、部品取りに使えそうなんで置いていたんです。

IMG_9700.jpg
というわけで、早速ばらして中身を抜き出し、
モジュールをはめ込んでみると、
なんとぴったりサイズ!

そんなわけで、簡単な配線を済ませて、
IMG_9701.jpg
はい出来上がり♪

後はこれにスピーカーを接続し、メッサーに据え置けば完成!

そういうわけで、早速スピーカーにつないでみたのですが…


あれ?

音が出ない??


でも電源は入っているし、操作もできるので作動はきちんとしてるっぽい。

あ!
もしかしたら!


そこであわてて同封されていた仕様書をよく読んでみると、
やはり、こいつにはパワーアンプが付いていない!
となると、イヤホンならともかく、スピーカーで鳴らすにはアンプを接続する必要がある。

そういうわけで、アンプを用意せねばならなくなり、辺りを見渡すと…

お!
ミニアンプの材料がまだ手元にあるぞ!
9V仕様にはなるけれど、乾電池で対応するとしてこれで取りあえず作るか?
だとしてもこの材料だとモノラルになっちゃうから、ステレオ用に回路を変更せねば。

でもまあ、メッサーで聴くのはモノラル録音のキャブ・キャロウェイがメインなんで問題ないのだけどな~。
等と考えつつ必要な材料をネットで探していると…

あ!

なんとまあ、笑えるような値段でこういうものが売ってました。
ステレオアンプモジュール 325円

ついでに、

こういうものまで!
12V小型ステレオアンプ 1299円!

こうなりゃわざわざ老眼鏡をかけてハンダ付けする必要ないし、
なにより、高音質めで、パワーある低音も楽しめそうなんで、迷わずポチリ!

なんというか、便利というか、ズボラができる世の中になったもんだ…


というわけで…

IMG_9967_201801211052555c2.jpg
購入&設置んぐ♪

とはいえ、車内は非常に狭いので、スピーカーなどの配置はこんな感じ。
IMG_9965.jpg
走行音もけっこうするけれど、この位置なら前方から音が鳴ってくれるので、
まだましなのです。
(足元はどのみち狭いから。)

さて、それに合わせてメッサー置き場も少し模様替え。

IMG_9956.jpg
前回とどう変わったかな?

はい、壁の飾り物が増えました。
もともとメッサーはガレージに入れていたので、
これらのものも今までずっとそのままガレージに飾っていたのです。
ですがせっかくなんで今回それらもこちらへ移動させました。

IMG_9960_20180121105259a45.jpg
ポスターにエンブレム。

エンブレムはオリジナルをこうして外し、自作のレプリカを装着しておりましたが、
以前あるイベントからの依頼でメッサーを展示した際に、
見物客にいたずらされ再度のエンブレムを破損してしまったので、
ただ今フロントにしか付けておりません。

IMG_0579.jpg
ちなみにフロント部は鉛を溶かして作りました。

IMG_9961_20180121105301624.jpg
で、シャツの横に並ぶのはレプリカのホーロー看板なんですが、
実は最近当時ものの看板も入荷したのです。

IMG_0574.jpg
そこそこ値が張ったのでためらっていたのですが、
やはり手元に来ると買ってよかったなと♪
奥さんもこれを見て、
「この先もっと高くなって買いにくくなるから買ってよかったやん!」
と言ってくれたので、ほっとしつつ感謝!
(*^人^*)


さて、こいつはどこに飾ろうか?

IMG_0578_20180125133315078.jpg
こういう感じもいいけれど、ぶつけたり落としたりすると、
ダメージがはかり知れないな~。


そうそう、看板といえば…

以前友人のてっちゃんが作ってくれたこのカッコいやつは、
CA398999.jpg
相変らず、うちの店の正面にデデ~ンと貼っているので、
分かる人が見て、
「やや?なぜこの店にあの看板が?!」
と、なりはしないだろうかと、ひそかに期待しておるのです。

 | HOME |  »

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する