FC2ブログ

ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2019-06

電気屋さんがなくなって困ってます

最近、というか、もうずいぶん前から電気屋さんがなくなったので大変困っております。
無論電化製品を売る家電量販店や、商店は近所にあるのですが、
そういう、新品を販売するお店ではなくて、電化製品の修理をしてくれる個人商店がなくなってしまったのです。

実は私の使っている家電、例えば扇風機や音響機器などはけっこう昔の製品が多いので、
不調といえば不調だけども、まだまだ使えるものがほとんど。
ですので、だましだまし使ってはいるのですが、それはそれでやはりちょいと不便。
かといって、近所のお店にもっていったところで、
「こちらの製品はすでに廃版なのでメーカーでも修理ができません。」
といわれるのが関の山。

でも、昔あった電気屋さんなら、こういう時でも手元にあるほかの部品を流用して、
とりあえず使えるように直してくれたもんなんです。
といいますか…
実をいうと、私の父はもともとそういう仕事をしていたので、
小さいころ店番をしつつそういう様子を横から眺めていたため、
修理とはそういうものだと思っておりました。

ですが最近では前述の電気屋さんはもちろんのこと、
車やバイクの修理でも、
「これはもうパーツが出ませんから。」
と修理を断られるケースがあまりに多い!
(実はこの時のエアコンも、故障したのは電源切り替えの基盤だけ!)

だからそういう時はいつもこう思うのです。

いやいや、だからそこを何とかするために、
あんたらは今までいろいろ学んできたのと違うの?


だから、そういう意味でのプロが本当に減ってきてしまったなと…

まあ幸い、私の周りにはバイクなどについては、
まだそういうなんちゃってプロではなく、きちんと修理してくれるプロがいたり、
プロじゃないけれど、プロ以上のマチュア専門家の方々がおられるおかげで、
古いバイクや車も安心して乗ることができております。
(ある時は精工にすら断られた時計まで修理してもらえたし。)

でも家電、それも骨董品とまでいかない80年代のものなどについてはそうもいかないので…
(おまけにこのころの製品の基盤などは、私の知識ではもう訳が分からない。)

う~ん、困ったもんだ。



ちなみに最近調子が悪くなってきているのはいつもPCで使っているスピーカー
最初はスイッチのON&OFFの際、「ブチッ!」という嫌な音を出していただけなんですが、
最近では常時微妙なノイズを出すようになったのです。

ただ面白い(?)ことに、そのノイズが出るのはなぜか夕方近くの時間帯。
最初は「??」と思っていたのですが、よく見ているとどうもPCの状態に関係ありそう。
というのも、私のPCはその時間帯になるとフリーズしやすくなっており、
動作が非常に重たくなっているので、たぶん内部の小さなパーツたちが必死に考えて動き続けているために、
電気の流れに作用しそれが信号となり、スピーカーが拾い上げノイズとして出すのではないかな?

と、ここまでは推測できているのですが、だからどうしたらいいのかがわからない。
とりあえず中を開け掃除してみようかなとも思うのですが、
PCを再起動すれば一応収まるし、まあそのままでもさほど気にはならない。
というのも、そのノイズが微妙にバイクの排気音に似ているもんだから、

「バイクに乗ってるつもりでおればよいか…」

と、そうも思うから。


つまりはまあ、めんどくさがってるだけなんですけどね。

(=^^=)ゞ




スポンサーサイト

祝日の楽しみ

皆さんこんにちは。
長く長く、本当に長かった10連休も本日でおしまいですね。
存分に楽しまれましたか?

さて私といえば、そのような世間様とは全く関係なく、いつも通りの日々でありました。
まあ、連休といえば、文字通り盆と正月だけですから。

とはいえ、やはりこのような大型連休になると、
遠方の友人たちが帰省などで戻ってくるために、
懐かしい顔々に会え、そして楽しい時間を過ごせる機会が増えるので、
そういう意味ではとても楽しくありがたいものなのであります。

で、実はそれとは別にこの時期ならではの私の楽しみがありまして…

それがこれ!

CA395384_20161103100831a51.jpg
国旗掲揚~♪

以前「旗日」という日記でも書きましたが、
祝日に国旗を家の前に掲げるというのが、私の子供時代からのあこがれ!
当時は、結構多くの家々いでそのような光景が見られたのですが、
最近ではほとんど見られなくなり、こちらでもうちを含めてほんの数軒。

でもね、私がこうして旗を出しだしてから、
気づいただけでも近所で数軒同様に旗を出すご家庭が増えてきたんです。
もしかしたら、これはうちの影響?

というのも、私が掲げるこの場所は、近くにスーパーや公園があるので結構人通りが多い。
で、そこを通りがかって日の丸を見た子が、
「うちも旗立てたい~!」
とか何とか言っちゃったとか…?

なんにせよそういうのは嬉しいことなので、
最近はいよいよ祝日が近づくとソワソワ♪

そんなわけで、このGWも出だしこそ雨続きで出せなかったものの、
以降は快晴続きで、日の丸も気持ちよく風になびいておりました。


で、昨日は旗日の最終日。
楽しかったねと、以蔵と一緒に旗をしまいにゆきました。

DSCN2937.jpg
「お疲れ様♪」


え?
今日も休日なのに旗を出さないのかって?

はい、だって今日は昨日の「こどもの日」の振り替え休日。
振替休日は「休日」だけど「祝日」じゃないものね。
8でもその理屈だと、お正月も元日だけが旗日のはずなんですが、
慣習として三が日とも旗日にしてますよね?)


そうそう振替休日といえば…
実は私が子供の頃(1973年、昭和48年以前)にはまだ、この「振替休日」というものがなくて、
せっかくの祝日が日曜にかぶることがよくありました。
そのときゃ、休みが一日損しちゃうので,つらかったな~。

え?

そんなの知らない?

そうか~、皆さんお若い世代ですもんね~。

ちなみにうちの奥さんも、
「そんなの記憶にない!」って!
いや~、お若かったんですね~♪

(=^^=)ゞ



うどん屋やで?

先日ちょいと遅めのお昼にと、久々に近所の立ち食いうどん屋さんまで行きました。
店のおばちゃんに挨拶をし、先客の顔なじみのおばちゃんに挨拶し、
出来上がった月見昆布そばを受け取り席に着き、
さて、いただきますとそばを箸で持ち上げると…

ちゃんちゃら ちゃららんらん たんたん♪


おお!めちゃくちゃ聞き覚えがあるけれど、
絶対この場にふさわしくない音楽が!

実はそれ、イーグルスの名曲「ホテルカリフォルニア」のあの有名すぎるイントロ!
そりゃね、一応飲食店なのでBGMがかかっているのは当たり前なのですが、
確か以前は、コッテコテの演歌中心で、ごくたまに70年代フォークが流れる程度でした。
こういうのは恐らく有線なのだろうから、その手のチャンネルに合わせているのだろうけれど、
お店のおばちゃんの好みが急に変わったとも思えないし、
じゃあ客層が変わったのかといえばそうでもない。
だから、「??」と思いながらも、私の大好きな曲ではあるので、
機嫌よくリズムに乗ってズルズルと♪
そして曲はサビを数度繰り返したのち、いよいよメインディッシュのギターソロに!
その時はこちらもノリノリなんで鼻歌交じりでふんふんふん~♪

で、ついうっかり…

やっちまった~!

まあるい玉子の黄身を、お箸でプッツン!

実は私、月見そばは大好きなんですが、ダシに黄身が混じるのは絶対に嫌なタイプ。
見た目が濁るし、味までぼやけてしまいそうな気がしてしまうのです。
ですので今まで生きてきた中でも、数えるほどしかこういう失敗はないのに、
今回はノリノリだったんで結構勢いよくやっちゃいましたね。

そういうわけでリカバー不可と判断したので、
こうなりゃいっそと、思いきってぐるぐるとかき混ぜてみました。
で、ダシを少しすすってみると…
「おや?案外いける?これもありか…」

でもこうなると、お出しを残すこと=玉子を残すことになるわけなので、
そいつはもったいないと、お出し全部を飲み干すことに。

ちなみに、この時にはすでにBGMは次のへと移っていたのですが、
その曲がなんとこんどはボストン「宇宙の彼方へ(More Than A Feeling)」

これまたなんとも和風だしに合わない曲!

と、思ったのですが…

いや、案外ありか…??

思えばこういうのもひとつの固定観念(観念)。
先ほどの割れた黄身のように、「ありなのか」と気付く場合もあるんでしょうね。
案外こういうこと多そうな気がしません?

と、そういうわけで、意外な場所で意外な曲を聴けたので、
こういう時はなんだか少し得した気分♪

でも、「ごちそうさ~ん!」と器を戻しながら、
やっぱりこう思ったのです。

でも、ここうどん屋やろ??



とか言いながらも、結構楽しかったんで、
こんどはちょいと期待していってみよう。

次回は久々ににしんそばでも食べるかな?

CA393618.jpg
この定食で確か500円ほどだったはず。

けっこうお得でしょう?

セルフうどんのお店 あめや



あっと驚く新製品 その②

さて、前回から少し間が空きましたが、
引き続き私が出会ってびっくらこいた新製品たちのお話です。

今回はいわゆえるウォークマン

b_2019032110343266d.jpg


それまでも屋外で音楽を聴くことはできました。
でもそのためには小型とはいえ、そこそこかさばるラジカセを抱えていかねばならないし、
一人で聴くならヘッドホンどころかイヤホンでした。
でも、なにこれ!
なにこの小ささ?
そして、なにこの高音質!?

バイトでためたお金を手に日本橋まで買いにゆき、
家に帰るのを待ちきれず、帰り道箱を開け耳に装着。
そして好きなカセットを放り込んで歩きながら聴いてみると…
一瞬であたり一面に音楽が!
驚きよりも先に、「ヤバイ!」そう感じ、慌ててヘッドホンを外すと、
周囲は何ら変わらぬいつもの感じ。
そう、あの一瞬はまさに未体験の異世界だったんですよ。
あれを超す衝撃にはいまだ出会っていないな~。

だって、街中を移動しながら、自分の大好きな曲が流れるなんてことはまずなかったし、
ましてや、それが自分中心で大音量なんだから、
それはもう、どう考えても別世界!

ちなみに、その時聴いたのはVAN HALENRunnin' With The Devilvan で、
イントロにある自動車の通過音のようなギターが、にぎやかな通りのそれとシンクロし、
その後に入る楽器たちの音がまさにいきなり湧き上がったかのようで、
そこにはもう驚きしかなかったんですよ。
聞き慣れた曲だったのにね。

これはまた初めて装着した小さく軽いヘッドホンの効果もあったんだろうね。
それまでヘッドホンといえば、大きなお椀のようなもんだったから、
あの軽い小さなものは、もはや着けている感覚がなかったもん。
むろん、今ではもっと小型化&高音質化してるんですけど、あの時ほどの衝撃はもうないな~。

ちなみに私が初めて買ったのはウオークマンではなく、アイワのカセットボーイ
ウオークマンより少し安かったうえに録音もできるので、
これをこっそり忍ばせて、よくコンサートで録音をしたもんです。
(途中カセットをひっくり返すのに、見つからないかひやひやしたものでした。)

さて、このほかにもいろいろあるのですが、
気が付くとずいぶん長くなってきたので続きはまたいずれそのうちに。


あっと驚く新製品

私はもう半世紀以上生きておるのですが、
いま振り返ると、
「いろいろな変化を直(じか)で体験できて得をした世代だよな~。」
と感じます。
まあ、これには環境面、物質面、精神面すべての面においてそう思えるので、
その評価自体には賛否両論あるでしょうが、とりあえず物質面、
特にいろいろな新製品、新発明というべきものについては、
それが身近であったゆえに、多くの方がそう感じられているのではないかと思います。

もちろん今の世の中でも次々と新製品がでてきてはおりますが、
それは全体的に、今まであったものを、より高性能で便利ににまとめたものという印象が強く、
今まであり得なかった革新的な新発明というのとは違う気がします。
だから、「へ~、すごいな~。便利になったな~!」とは思うものの、
「え?うそ!まさかそんなことができるようになるとは?!」
という驚きはあまりないのですよ。

たとえば、初めてテレビが世に出たときの驚きを、
その後の改良(カラー化、音声多重化、デジタル&高画質化など)が決して越えられないように、
全く予想のつかない新製品の出現に出会え、立ち会えるというのは、
極々まれで、ある意味一つの幸運であると思えるから。

そう具体的に例をいくつか挙げていくと…

・使い捨てカイロ

今や冬のド定番で、カイロといえばこれを指し、むしろ昔のタイプのカイロの話をすると、
「え?ハクキンカイロ?燃料がベンジン?なにそれ?」というほど。
でも、初めて手にした時は驚いた!
寒風吹きすさぶ屋外でも、袋から出してもみもみしていたらどんどん熱くなり、
しかも、マッチもライターも電池もいらないので、子供でも簡単に扱える!
だから、冬場に釣りをしに行くときも、これをジャンパーのポケットに忍び込ませていれば、
それだけでずいぶんと心強いものでした。
でも、これ当時不思議でね~。
何度も袋を破って中を見たり、「塩と鉄の化学反応だ。」と知った時には、
錆釘と塩水で同じものができないか、
もしできたらいつでも缶コーヒーを温めることができるんでないか?!
と、いろいろ試してみたりと…
(そののち懲りずにこういうこともしてました。)
実際のその熱以上に、こちらが熱くなる素敵なものでした♪

で、先日テレビで見ていたら、
この冬物凄く熱くなる新製品が出たそうですね!
これなら缶コーヒーを温めるのも可能なんじゃない?
ちょいと期待♪ヽ(^∀^)ノ

・家庭用ビデオ
うちの父は、昔は電気屋さんだったので普通の家よりは早く新しい家電を目にする機会がありました。
だから家庭用ビデオカメラも早くに店に来ました。
で、その時父が、「ほれビデオを撮ってやるから、ちょっと動け。」と言ったときも、
驚きもせず普通にはしゃいでカメラの前で飛び跳ねておりました。
でも、その時は無言でただ動き回るだけ。
そう、実はビデオと8ミリカメラの区別が全くついていなかったので、
いまいちビデオというものをよく理解していなかったのですよ。
だから、まさか音声も同時に録れるとは思っていなかったし、
そのうえ、現像もせずその場で動画が見れるなど全く思っていなかったのです。
だから、撮影後、モニターで動画を見せられた時の驚きといったらかなりのもの。

でも、これはまだ分かった、基本的にカメラだから。
ですがその数年後発売された、家庭用のテレビ用ビデオ!
これにはびっくり!
レンズもないのにどうやって撮影してるの???
電波を記録?!
わけわかんない~!

でもその便利さは瞬時に理解ができましたから、
喉から手が出るほど欲しかったがあまりにも高価だった~。
なのにその後、当時中学生だった私の同級生がこれを買っちゃったわけ!
すげ~な~!さすが金持ちは違うな~!
と思っていたら、実は彼の目的はただ一つ!
キャンディーズの解散コンサートの録画!
そう、彼は熱烈なキャンディーズファンで、コンサートにもよく行ってたうえ、
握手してもらった後は数週間その手に包帯を巻きお風呂にも入らなかったほど。
だから、ビデオ購入もそういう理由ならさもありなんと…
今となってはネットで簡単に見れるのにね…

・タンク分離式石油ストーブ(家庭内暖房用)
まさに今の季節、足元から冷え込む冷気からわんこたちをを守るため、
我が家では石油ファンヒーターが大活躍!
さて、これの燃料はもちろん灯油なわけで、空になったら給油が必要。
その際は、今はもう当たり前の様にタンクを取り出し給油しておりますが、
昔のストーブは、給油の度に、
「よっこいしょ!」
と、あの重い灯油缶を室内まで運び入れ、
そしてストーブに給油せねばなりませんでした。
それが当時の子供の仕事だったから、けっこうしんどい!
ですがのちに分離式のタンクになると、
「なにこれ、めちゃ便利!」
労働作業の軽減化を初めて体感した瞬間でした♪

でも、その楽さに感動したのと同時に、
「なんで給油口が底にあるのに漏れへんねん?」
と物凄く不思議に思い、
タンクのふたにある弁を指で押し、
「あ~、あのお便所の手を洗うやつと一緒の理屈か!」
と納得したりしました。

ちなみに、お便所のやつとはこれのこと。

CIMG7680.jpg
正式名称は「吊り手水」(つりちょうず)

時折今でも現役のものを見かけるときがありますが、今となっては懐かし物件。
でもこれも、最初に目にした人は絶対こう感じたはず!

「すごっ!一回分が自動で出たり止まったりする!」

だからこれもまぎれもなく、「あっと驚く新製品」だったはず♪


このシリーズほかにもあるので、その②につづく

 | HOME |  »

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する