ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2018-04

30回目の三月三日

「今日は三月三日か。おひなさんやな~。」
「そうやね。」
「で、今日結婚何回目かわかる?」
「…30回?」
「ブブ~!31回!
今年○○歳やから。」
「え?今○○歳とちがう?」
「え?今年が2018年で… ほんまや!
どうも、新年に変わってしばらくは、自分の年を一つ多く数えてしまう…」
(勝手に私まで年とらさんといて欲しわ…)ぷ♀

ごめんごめん!(*^人^*)

というわけで、今日は私たち夫婦の30回目の結婚記念日。
この日は日頃の感謝の気持ちを込めて、
奥さんに真珠のアクセサリーを贈る、
いわゆる「真珠婚」というもののようであります。

でも、うちの奥さんはそういうのを好まないので、
何か好きなものを夕飯に作ろうかと思い、

「今晩何か食べたいもんある?」
「う~ん… 別に…」
「ほんなら、残り物のゲソをバター焼きにしてしまうで?」
「うん、それでいい。」

うん、30年目も特に変わりなく平常運転だ。

(*^人^*)


スポンサーサイト

桜三月散歩道

さて、今日から3月。
実はうちの店は毎年2月決算なので、今日から新年度の始まり!
ということは…

そう、棚卸に、帳簿類の差し替え、経理のデータ繰り越しなど、
本当は先日の休日にこれらをある程度済ます気でいたのだけれども、
昨日の日記で書いたように私はその日は風邪でダウン!

そういうわけで、今日は朝からどたばたと忙しく、
昼からも同様バタバタすることとなりそうなので、
取りあえず、今から息抜きがてらわんこと共に散歩に出ます。
いつもの桜並木の川沿いの道をね♪

それにしても風が強いね~!
もうこれって春の嵐じゃない?
とうか、
これがあれか、
「狂った風」なのだな。

だってもう三月。
桜三月散歩道だもんね~♪

じゃあ、よっしゃ、
しばらくの間バタバタ忙しくなりそうだけど、
狂ってしまわないように気を付けねば。

(=^^=)ゞ




桜三月散歩道 井上陽水

ねえ君 二人でどこへ行こうと勝手なんだが
川のある土地にへ行きたいと思っていたのさ
町へ行けば花がない
町へ行けば花がない
今は君だけ見つめて歩こう
だって君が花びらになるのは
だって狂った恋が咲くのは三月

ねえ君 二人でどこへ行こうと勝手なんだが
川のある土地にへ行きたいと思っていたのさ
町へ行けば風に舞う
町へ行けば風に舞う
今は君だけ追いかけて風になろう
だって僕が狂い始めるのは
だって狂った風が吹くのは三月


夏の日の夕方 
学校から帰ったん僕たちは
みんな真っ白なシャツを着て 
色のはげた貨物船のような倉庫のある細い道に集まり
それから川の堤に駆け登るんだ
みんなで影を連れてね
夕日が太い煙突に吸い込まれるまで
影踏みをして遊ぶんだ
影を踏もうとすると
影は驚いた魚のように逃げたっけ

ねえ君 二人でどこへ行こうと勝手なんだが
川のある土地にへ行きたいと思っていたのさ
町へ行けば人が死ぬ
町へ行けば人が死ぬ
今は君だけ想って生きよう
だってひとが狂い始めるのは
だって狂った桜が散るのは三月


常備薬はわんこ

一昨日の月曜日。
昼過ぎにわんこを散歩に連れ出した後、妙に腰が痛だるいので、
そんなに歩いたっけ?
などと思いつつ店番を。
その後、両肩とひじ、そして節々が痛み出し、
おやおやおや?
と思っているうち次第に強烈な寒気に襲われ、
手足の先が氷のように冷たく感じるほど。

だから、
こりゃいかん!風邪ひいた!
と自覚したので、奥さんに店を任せて私は早引け。
アラームのセットを押して布団に潜り込みました。

そして数時間後アラームの音とともに起き出し、
冷たく重い身体を引きずってお医者さんまで。
39度近い高熱であったため、インフルエンザを心配していたのですが、
幸い検査の結果は陰性でそれはなし。

とはいえ、そのころには熱から吐き気もきていたので、
取りあえず、注射と点滴を打ってもらい家に戻り、
帰り道、スーパーで買いこんだウイダーインゼリーを枕もとに並べ、
その後は頭から布団をかぶり、冷える手足をわんこで温め、
汗をかくまでひたすら丸まっておりました。

幸いその後熱も37度半ばほどに下がり、寒気も収まってきたので、
吐き戻すこともなく、適宜水分などを摂れていたいたのですが、
やはり熱のせいか、寝ていても見るのは悪夢ばかりで、
体以上に頭がつらく、しんどい!
だからつい、
「たすけて~!」
と、声を上げたりして、横で寝ている奥さんを起こし迷惑をかけたり…

でも、そんなとき手足や体にわんこ達のからだが触れていると、
それだけで少し楽になる。
だから、脇や足元にあの子たちを引き込んでは、
すりすりなでなで。
すると、次第に頭も落ち着き、少し楽になるので、
少し寝てはまた目覚め、同じことの繰り返し。

そうして翌朝、幸い熱も平熱まで下がってくれずいぶん楽に。
とはいえ、まだ全身に力が入らないので起き出す気になれず、
幸い休日でもあったたため、そのまま夕方まで布団の中にわんこをはべらせ、
ひたすら睡眠。

途中奥さんが、わんこ達を散歩に連れ出してくれていたようですが、
その後はまた、わたしの布団に潜り込んできたので、
私は布団蒸しの、わんこ蒸しで、汗まみれになるほど。
これが良かったのか、夕方には起き出しシャワーを浴び、散髪に出て、
そして自転車で灯油を買いに出れるまでに回復。

そんなわけで、今日は朝からいつも通りで、
今もポチを膝に乗せて店番をしております。

実は私は発熱に弱く、37度を超えると行動不能になるのです。
ですので、最初高熱が出たときは、
「こりゃ3日間は寝こむかもしんないな…。」
と覚悟していたのに、予想外に早く復活できてほっとするやらありがたいやら。

これはもちろんお医者さんでの的確な処置のおかげでしょうが、
それと同じくらい、ふとんの中でのわんこ達の活躍あってのことだなとそう思っております。

しんどくつらいとき、一人だととても心細いのですが、
そこに、わんこ達のぬくもりがあると安心でき、心強くなる。
だから、そういう意味で、
私のこういう時の特効薬は、やはりわんこであるのだなと、
今回痛感した次第なのでございます。


そんなわけで…

わんこは体と心の常備薬♪
(=^^=)ゞ

2月18日

今日は娘の誕生日。
●●年前のこの日もとても寒い日だったようですが、
わたしの記憶では、むしろ眠りを誘うほどに暖かかったような気がします。
だから私は眠気に負けて、病院の通路にある長椅子で、
少年ジャンプを枕にうたたねをしておりました。

まあ、それというのもこのような一日(「あの日のこと」
であったからなんですがね。

以来何度も無事に誕生日を迎えることができているので、
これはまあ本当にありがたいことだなと…

ですが今更、特にどうこういうのもこっぱずかしいので、
今回は、いつかどこかで聞いた、こんな言葉を贈ります。

「あなたが生まれたとき、
あなただけが泣いて、ほかのみんなは笑っていた。
だからこそ、あなただけが笑い、そしてほかのみんなが泣く、
そういう終わり方のできる生き方を送りなさい。」



というわけで、今晩はあの子の好物のハンバーグでも作るか?
昨日作ったシチューがまだ残っているはずやけど…

寝休日

今年の冬は本当に寒い!
おまけに降雪量もすごいので、全国各地で大変な被害が出ている様子。
みなさんの所は大丈夫でしょうか?

さてさて、そんなわけで普段はまず雪が積もらないわたしの所でも、
さすがに先日は…

CA395755.jpg
「めちゃ積もったねん!」

とまあ、雪の降る地域の方には鼻で笑われそうな感じの雪でも、
私たちはちょっとした大騒ぎで、わずかに残る雪の部分をせっせと踏んでは、
つかの間の雪国気分を味わったりしていたのでした♪

(=^^=)ゞ


さて、そんなわけで昨日の休みも、「寒いよ!寒いよ!」と天気予報が言うので、
朝の散歩はすっ飛ばし、優雅に昼前まで寝ておりました。
おかげで、散歩に出ようと表に出た頃には、風こそ冷たいものの、

IMG_0979.jpg
「ぽっかぽかやぁ~♪」

IMG_0984_20180214105751360.jpg
「おもしろい♪おもしろい♪」

と、余裕を持って散歩を楽しめるほどでした。

こんな感じでのんびりとお散歩を終え家に戻ると、
奥さんたちが出かけるというので、私はわんこ達と留守番することに。
まあ、どっちにみち寒さに負けてバイクに乗る気になれなかったから、
家でゴロゴロするにはちょうどよい口実だ!
で、そうなりゃもう昼間っからビールを飲んでだらだら過ごすに限る!
となると、なんか美味しいものがあると嬉しいな…

というわけで、ちょいとバイクにまたがり買い出しに。

で、買って来たのはこれ!

IMG_1000_201802141057542c0.jpg
吉野家の牛すき鍋

これをあてにビールが最高!ヽ(^∀^)ノ

で、今回は奮発してお肉2倍にしておいたから、
周りに群がるわんこ達にも大盤振る舞いで、
わはは!わはは!と楽しく食べて、愉快に飲んで、
その後はとろける様にわんこ達と横になって過ごしました。

たまにゃノこういう休日もよいよね~。


*おまけ*

吉野家に向かう途中きよさんのガレージに立ち寄りました。


あれ?きよさんはどこ?
IMG_0998.jpg

さて、その時のとあるやり取りなんですが、

ひ「今から吉野家行きますねん。」
き「へ~、わしああいう店食べたことも、行ったこともないねん。」
ひ「え~!それは、もったいない!」
き「そうか~?」
ひ「だって、大人の駄菓子屋みたいなもんやから。」
き「そうかな~?」
ひ「そうですよ。」


と、まあこんなやり取りをしたのですが、
私はね、こう思うのですよ。

若い時、吉野家で白ご飯だけを注文し、
添えつけの紅ショウガを山ほどかけて食べた経験があるとないとで、
きっとその後の人生における何かが変わるはず!
と。

で、その何かとは何かと問われれば…

なんだろうね? 

自分でもよくわからないけど、
取りあえず、そういう体験をした者同士で今でもそれをネタに笑いあえるから、
きっと、こう、なんとなくいいもんなんだろうなとは思っております。
(=^^=)ゞ





 | HOME |  »

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する