ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-11

真っ黒いアイスクリーム知りませんか?

ここ数か月はお昼におにぎりを握ってきてもらいそれを食べておりますが、
相変らずナッツ類も機嫌よく食べておりまます。
そんな中、このところ食べていたナッツは、従妹のマリちゃんのフランス土産。
CA390089.jpg
一見チョコに見えるプルーンのキューブが、何とも面白い味で結構癖になる。
とはいえ、「美味しい!」というほどのものでもないのだけれども、
なんかこう…
一口食べてしばらくすると、「どれもう一つ…」と手が伸びる!
でも、繰り返しますが、そんなにメチャクチャ美味しいというわけでもない。
(無論まずいというわけではなく、普通に美味しい)

この感じ前にもあったぞ…
そうもやもやしていたら思い出した!

子供のころたまに食べたリコリスのアイスクリームだ!

小学生の頃、近所にダイエー系列のハンバーガー店ドムドム
アイスクリーム店ディッパーダンができたのです。
当時はまだじもっとにそのような店が無く、
あのマクドナルドに行くのでも、電車に乗って街中へ行かねばならなかったので、
これらの出店はかなりのインパクトでした。
ほぼ初めて目にするハンバーガーはもちろんでしたが、
それ以上に驚いたのはアイスクリーム!
だってそれまでアイスといえば、
銭湯の帰りにタバコ屋さんの店先にある冷凍庫に入っている、
ああいうものしか知らなかったんだから!

だからもう、目の前にあるカラフルなアイスを全部!
どれもこれも食べてみたくてたまらない!
とはいえ、当時一個100円は子供の私にとって毎日買うには高価過ぎた~!
だから、週に何度か通うものの、やはりその時は失敗しない好きな味になるわけです。
具体的にはバニラのチョコチップ。
でもやはり他の様々なフレーバーが気になるでしょう?
だからそういう時は、友達と少し分け合ったりして足を確認しておりました。

そんな感じで大体のアイスを食べたものの、
ただ一つ、誰も買わないものがあったのですよ。
それは、見た目にも不思議な真っ黒のアイス。
そう、くだんのリコリスなのでした。

むろんそういう見た目なので、誰もかれもの目を惹いてはいたのですが、
それはやはり良い意味ではなく、
「あんなん食べる人っていったい…」
と、そういう感じ。
ですがそれと同時に、
「でも、味はいったいどういうもの?そもそもリコリスって何?」
という疑問も日に日に膨らんでいったのです。

ですので、いつしか、仲間内ではリコリスを食べることが罰ゲーム化してゆき、
ある時とうとう仲間の一人がそれを口にすることに。
覚悟を決め、ぺろりとひと舐めする彼、
そして、その反応を固唾を飲んで見守る私たち。

すると、舌を真っ黒にした彼が、

???

という反応。

それで私たちが、

「美味いんか、不味いんかどっちやねん!」

とつっこむも、

更にひと舐めし、

「??? ようわからん。 
ちゅうかこれ、改源の味がする。」


はぁ??

改源ゆうたら風邪薬やん?
そんな味なら不味いに決まってるやん!

そういうわけで、我々も順番にひと舐め。
すると、「まずぅ~!」とぺっぺと吐き出す者もいれば、
先ほどの彼のように首をかしげるものも。
で私はと言えば…

???????????

やはり彼同様頭の中が混乱状態。

何なのだこの味は?!

そんなこんなで、ある意味念願の真っ黒アイスリコリスを口にしたわけですが、
その感想は、何とも判断できない微妙なものに。
ですが、それ以降、何度か口にしてみたい衝動に駆られたのは事実だから、
不味くはなかったとは思うのだけども、決して美味しくもなかった。
だから、限られたおこずかいで買うのなら、
やはり私は相変わらずチョコチップとミントチョコを食べていたのです。
(ただ、たまったポイントで一つもらえる時には一度だけ食べてみました。)

その後ふとこのことを思い出し、もう一度食べてみたいと思ったけれど、
今ではもうラインナップから外れているんですね。

今思えば、もう少し食べておけばよかったな~。

そうそう…

実は、罰ゲームの彼はその後も、

「おばちゃん!わしリコリス!

と、大きな声で注文しておりました。

まあ、彼の嗜好にはぴったりはまったんでしょうね。

ちなみにその彼の名は安富君
彼を知る方々なら、おおむね彼の嗜好もお判りになると思うので、
件のリコリスの味も何となく想像できるかな?

(*^人^*)


* おまけ *

下記のような質問がたまにあるから、
私同様な方々も結構らおれるんですね。

教えてGOO 「真っ黒いアイスクリーム」
スポンサーサイト

ぎんなんの匂いとジャスミンの臭い

IMG_9179.jpg
「うひょひょ♪」

この季節の私の楽しみは、なんといってもプリっぷりの銀杏!
これをせっせと殻を割り、中の実を油で炒めれば、
まるで翡翠のように美しい緑色に代わり、味も食感も最高に!

まさに秋の味覚ですね♪

さてこの銀杏ですが、そのおいしさ以上にみんなの話題にのぼるのが、
やはりあの臭い!

まあ、売られている状態ではまず臭わないのですが、
実っていたり、熟して落ちていたりしたときに、臭うあの独特の臭い!
オレンジ色した果肉が発する、一種独特のあの臭い!
正にオレンジ色のニクイやつ!(さすがに古いか?)

そう、いわゆるウ○コの臭いですね。

そう感じるのも無理ない話は、実際銀杏のにおいの成分は、
スカトールインドールという有機窒素化合物で、
前者はまさにウ○コの臭いの主成分なのです。
(察しの良い方にはもうおわかりでしょうが、
これがいわゆるスカトロの語源と同じなんです。)

だから、熟して落ちた銀杏の実をじらずに踏んで、
そのまま電車に乗ったり、家に帰ったりして、
「やべ!ウ○コ踏んじゃった!」
と、慌てるのも当然っちゃあ当然なんですよね。

さて、ところでここに一つ意外な事実がありまして…

悪臭の例えに挙げられる銀杏とは違い、
いつも芳香の例えに上がるものにジャスミンがあります。
香水などの他にも、ジャスミン茶などにも利用されるほどに、
その爽やかでな独特な香気で有名ですが、
あの香りの成分の決め手となっているものこそが、前述のスカトールなのです。

ではなぜ、銀杏はウ○コでジャスミンはお花の香りなのか?
それはつまりスカトールの濃度によって左右されるのだとか。
ウ○コ
本来強い糞臭を持つスカトールも、 低濃度だと一変し花の香りになるとのこと。
というか、物質そのものが変質するということでは煮から、
私たちの鼻が、同じ物質でも濃度によって、
全く別の臭いとして認識してしまうということなんですよ。


これって考えると不思議で面白いですよね。

もしかしたら、たわわに実る銀杏の木から遠く離れた場所までにおいが届くと、
「あれ?どこかでジャスミンが?」
また反対に、ジャスミンの花満開の中に突入したら、
「うえぇ~!ウ○コくさ~~!」
とかなったりして?


むろんそれくらいの濃度差でどうこうなるわけもないし、
どちらも、スカトールのみでにおいが決定されているわけではないですから、
そんなことはあり得ませんが、

銀杏をつつくとき、ついついそんなことを考えては、
「むふふふ♪」
といつもにやけてしまうのですよ。

(=^^=)ゞ



 * 追記 *


以前書いたこういう話(↓)にも関連している気がしますね。
「においの話」

おいしいよ♪

さて、先週から長々と書いていた瀬戸内遠征のツーレポですが、
当然家族などにあれこれお土産を買ってきたのです。

で、まあそのどれもが美味しかったのですが、
その中でも私が一番気に入ったものがこれ!

IMG_8958.jpg
みきゃんのたまごパン

実はこれお土産でもなんでもなく、
現地の行動食にと買い込んだものを、
うっかりそのままお土産の箱に入れてそのまま発送してしまったものなのです。

そういうわけで、家に戻ってから封を開けみんなで食べてみると、
意外や意外。
まあこれが美味しいではないの!

CA390107.jpg
見た目はこんなにシンプルな丸いパンなのにね。

でも、モッチモチで優しい甘さで、そしてじわっと来る玉子のコク♪
確かにパンなんだけど、感覚的にはどう考えてもおやつ!
しかも、いつか絶対食べた気がする懐かしい味。

ん~~~?

何だったっけ…?

甘食
いや、もっともっとモチモチでふんわりしてるぞ…

しばらく考え込んで思いついたのが、丸ぼうろ、どら焼きの皮。
そう、しっとりした食感の和菓子屋さんで売ってる焼き菓子のたぐい。
むろん、そのどれともはっきり違うのですが、
なんとなくそれに近い感じがするのです。

思えば、私はこういうのが昔から好きだった。
いや~、美味しいな~~~!

こんなことならもっと買ってくるんだった。

そういうわけで、ただ今取り寄せしようかどうか考え中。
で、パッケージにある製造元を見て調べてみると…

風美堂製菓

あ!
地元で50年以上続く和菓子屋さんだったのか!
道理で…
やっぱり私の感想は当たっていたんですね。



とはいえ、単価が安い(260円)ので、数をまとめないと送料がもったいない。

さて、どうしたもんだか…

(=^^=)ゞ




頂き物 (*^人^*) ♪~水兵さんの乾パン~

ド~ン!

IMG_8974.jpg
水ようかん!寒天!シベリア!
ヽ(^∀^)ノ


先日斧ちゃんが、
「これ見かけたんでついでに買ってきました。」
とお土産に持ってきてくれました。

それもこれも私の大好物!
あな嬉しや!
あな嬉しや!

でも食べると無くなるのが悲しいので、
食べるのをちょいとまとうかと思いましたが…

「これ、賞味期限4日ですから、すぐ食べてくださいよ。」

と、斧ちゃんに念を指されました。

いや~、実は以前頑張ってひと月寝かしたら、
やたら周囲がぬるぬるして一回り小さくなっちゃたことがあったのですよ。
(でも普通に美味しかったから、水分が抜けちゃっただけなんでしょうね)
で、その話を彼にしていたからね~。(=^^=)ゞ
(類似話「賞味期限切れコレクション」

そういうわけで、今回はすぐにいただきました。
はい、お昼におやつにと大活躍です!

いつも、わしのツボをしっかり押さえてくれて、
ほんとありがとう!
(*^人^*)


さて、こちらはストーブ友達の道東さんからいただきました。

こちらも私のつぼをがっちりしっかり押さえて下さっております!
IMG_9050.jpg
海軍カレーカツに水兵さんの乾パン!

さすが、港町、横浜!横須賀!
アンタあの子のなんなのさ?

カツはやはりかい軍カレー使用とあって、食べるとモリモリ力がみなぎります!
そして、あと引く!あと引く!
ああ、これを抑えるのにビールがもう一本~!
IMG_9054.jpg
私はキッチン度ランカーゆえ、夕飯準備をしながら飲むのです。
ちなみに昨日は木曜だったので酢豚。(理由はこちら
で、乾パンどうかな?

IMG_9052.jpg
おお!大きいぞ!

見慣れた姿かたちながら、サイズがでかいのでなんか笑える♪

でお味はと言いますと…

ふんふんふん、普段食べているサンリツの乾パンに比べると、
ややしっとりしてほんのりと優しい甘み。
あっちが、食パンなら、こっちはコッペパンそんな感じ♪

でも、この夏いただいた同じく海軍ゆかりの鯖江の軍隊堅麺麭(カンパン)ものとはずいぶん違な~。
やはり、こういうのも各地各地で好みに合わせた時になるんですね♪

なお、パッケージにある「乾パンよもやま話」によると、
乾パンは明治時代に軍隊食として生まれました。
はじめはこのように陸軍もトランプ代の大きさをした乾パンを採用していましたが、
のちに大形乾パンは海軍だけになってゆきます。
日露戦争中の乾パンは大変割れやすく不評でした。
後に改良が進みこのような硬い乾パンになっていったのです。

とのこと。

へ~、そうだったのか~!

じゃ、昔の乾パンってもっともろかったんですね。
もしかしたら、今のラスクのようなものだったのかな?

そういうのもどこか再現してくれないかな~♪

さてさて、今回もいろいろ美味しく楽しいものをいただけました。


斧ちゃん、道東さん、
いつもどうもありがとうございます。
(*^人^*)

赤いリンゴに鼻先寄せて~♪

こんにちは。
ここ最近の気温の乱高下には本当に困ってしまいますが、
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?
わたしの方はと言いますと、例のぎっくり腰がようやくましになったかと思った矢先、
うっかり風邪をひいてしまい、このところ絶不調なのであります。

なんせ、ヘタレの私にとってはただの風邪でも結構つらいのに、
今回は咳き込むたびに腰に響いて痛い!痛い!

そんなわけで、ここ数日ほぼ腑抜けの状態で過ごしておりました。
で、そんな中、昨日一つの荷物が家に届き、
送り主の名を見れば、ああセイさん
そこで封を開けると、思った通り
IMG_8569.jpg
爽やかな秋の香り!

もってのほか(食用菊)の香りが、弱った鼻粘膜にとても心地よい。
前回梨をいただいた際、同封されたお手紙に、
「今年は天候不順でもって菊の開花が遅れています。」
と書かれてありましたが、今年も無事収穫できたのですね♪

いつも本当にありがとうございます。
風邪の症状が収まり次第また美味しく調理させていただきます。
(*^人^*)

そしてほかにもこんな美味しそうなものが。
IMG_8571.jpg
小瓶二つは、それぞれセイさんちで採れたしその実とバジルの葉の醤油漬け。
これらは早速今晩おかいさん(おかゆ)でも炊いていただこう♪

で、可愛らしい真っ赤なリンゴは、最近トンと見かけなくなった「紅玉」。
小ぶりで酸味が強いことから、最近市場ではあまり見かけることはなくなりましたが、
私ら世代は、リンゴといえばこれですね。
くだんの酸味も、むしろその中にこそ、リンゴの風味がギュッと濃縮されているきがします。

セイさん曰く、
「火を通すと美味しいリンゴなので、ぜひ焼きリンゴなどに。」
と書いてくださってましたが、今の体調だと、むしろ生の酸味をこそ身体が欲する!
また、この赤く小さな玉を手にしているだけで、妙に気分が明るくなる。
(梶井基次郎が檸檬を手にした時もこんな感じであったのではなかろうか?)

というわけで…
IMG_8573.jpg
まずは、風邪で鼻がバカになっている私に代わりぽち君に香りを楽しんでもらい、

そののちに、エイヤッ!っとまるかじり!
IMG_8572.jpg
ああ、これこれ…
風邪で鈍った味覚にも、しっかり届くりんごの風味。

カロリーメイトや、ウイダーインゼリーなんかよりも、
はるかに遙かに、身体に染み入ってくれている気がしました。

毎日一個のリンゴは医者を遠ざける。とか、
りんごが赤くなると医者は青ざめる。とかいいますが、
なるほど、確かにこれは天然の栄養食だよな…
と、実家しつつ、しっかり噛みしめいただきました。

セイさん、今回もどうもありがとうございました。
(*^人^*)

 | HOME |  »

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する