FC2ブログ

ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2020-05

初対面の見知った顔

この間食べていたこのチキンラーメン
の横の…
DSCN6969.jpg
小さな大根


何とも反語的な言い方ですが、でもこれってそうとしか言いようが無いですよね?

てなわけで、これもいつもの八百屋さんで見かけて買ってみたのです。
まあ、見た目がかわいらしく面白かったのもありますが、
私はチョイとしゃれた串カツ屋さんなんかで出る野菜スティックが好きで、
中でも大根のスティックが好きなもんだから、
「こんなに小さきゃ、そのままあの味が楽しめてラクチン!」
とそう思ったのです。
ですが食べてみるとなんか違う。
例の大根スティックと違い、やけにきめ細かく、驚くほどにみずみずしい。
で、大根特有のあの辛みは、良い雰囲気だけ残しあまり感じない。
あれれ?とそう思ったものの、
そうか、サイズが小さい分すべてにおいて小さいから感じ方もこうなるのか…
と、妙に納得しつつも、う~ん、なんかに似てるな…
そう思いつつ少しトゲ味を感じる葉っぱをむしゃむしゃしている時に気が付いた。
「これ、まんまラディッシュやん!」
そう気づいてからは、もうそうとしか思えないうえに、根っこの部分がラデッシュの何倍もあるので、
いや、むしろラディッシュより食べ応えがありお得じゃね?
というか、むしろラディッシュの和名「ハツカダイコン(二十日大根)」はこいつにこそふさわしくね?
だって、ラディッシュって見た目絶対「ミニ赤かぶやん」。
などと考えつつも、ポリポリもぐもぐ…

こんな感じで初めて食べる野菜などは、色々楽しめて楽しいのですが、
特に今回のように、いつも食べている野菜が極端に小さかったり大きかったりしたら、
それだけでワクワクし嬉しくなってしまうので、見かけるとついつい買ってしまうんですよ。
(実際味も変わるからまた楽しい♪)

で、次の野菜もそんな感じ。

DSCN6998.jpg
オニオンスター?

早く収穫しすぎた玉ねぎのようなこいつですが、
どうも、これはこれでこういう感じで食べる品種なのだとか。

でもこれ、いったいどうやって食べる?
というのも、いざ考えると、玉ねぎと青ネギを同時に使う一品なんてあまり私には思いつかない。
そこで見積もの八百屋の兄ちゃんに聞いてみたら、
「うちはいつもすき焼き風にしますよ!」
なるほど!

というわけでこうなりました。
DSCN7000.jpg
豚とオニオンスターのすき焼き風炒め煮
(もちろん生玉子をつけて♪)

で、お味はというと、青ネギ部分は予想通り。
というか、予想以上に美味しく、
他は食べずともこの部分が料理の主役だとはっきりわかるほど。
なんだろ、程よくジューシーでねぎの美味しい部分だけやたら凝縮している感じ。

で、小さな玉ねぎ部分はどうだろうと食べてみると…

あれ?
予想に反した食感と味!
ややコリコリしてて、甘みはほとんどなく、なんだこれ…
臭みのない島ラッキョウ

いや~、あなどれん!
見慣れた姿のなのに、いや、見慣れた姿だからこそか、
見事に予想を裏切られた!

あ~、こういう感じが楽しいんですよね♪

(*^人^*)



スポンサーサイト



ややこしい野菜たち

以前私が「変な葉っぱ好き」と思われているという話をしましたが、
確かにああれからも見慣れない野菜があれば買い続け、そして食べ続けております。
その中には、結構気に入って我が家の定番となるものもいくつかあり、
そうなると、もう「変な葉っぱ」ではなくなるわけなのですが、
いかんせん、その手の野菜は名前がややこしい!

だから八百屋さんでも、

「ほれ、にいちゃん、あれ、あれないかいな?」
「あれってなんですか?」
「ほれ、ほれ、ミニ、ミニ…」
「ミニチンゲン?」
「いやちがう、ほれ、芽キャベツとケールのあいの子みたいな…」
「ああ、プチヴェール?」
それ!あと、ほら金魚の藻のようなした…」
「???}
「ほら!ふわっとしてチョイと癖の強い…」
「ああ、ディル?」
それ!

とまあ、このようにチョイとややこしいやり取りを毎回する羽目になるのです。

そういうわけで、なるだけ名前を覚えようと心がけるのですが、
カタカナ名前は本当に難しい!
いっそのこと日本名をつけてくれればいいのにとそう思うのですよ。

てなわけで、先日も、くだんのプチヴェールとディルに加えて、
これまた初耳初見のエンダイブを見つけたので、

「これ何?」
「ほら、イタ飯屋さんなんかのこじゃれた皿にちょいと添えてる葉っぱですよ。」
「あ~、何となくわかった!」

もはやこういう説明に慣れてきたのか、非常に的確で分かりよい説明でした。

で、私はニコニコしながら晩御飯の準備をするのでした。

DSCN6719.jpg
結構癖が強いディルは少量でも主張が激しいので、
濃い目の肉料理や、匂いの強い魚料理によく合います。


さて、前述の野菜のほかにも、一緒にいろいろ買い込んだので、
それらまとめてサラダにしたら、予想外の大皿になりました。
一体何が入っているかお分かりかな?

DSCN6720.jpg


答え エンダイブの下敷きに、イタリアンパセリ、ラディッシュ、ルッコラ、
それと謎の双葉(名前失念!)でありました。

ちなみに味付けは、トッピングの鶏の胸肉を焼いたと肉汁をベースに、
塩コショウと適当なスパイし、それと粉チーズにオリーブオイルです。

ああ、カシューナッツが余っていたからあれもトッピングすればよかった!


というわけで、今日もややこしい野菜に囲まれて私は大変幸せなのでありました。


で、冒頭のやり取りの最後に、

「あのしょっぱいヤツはまだ出んのかな?」
「しょっぱい??」
「ほら、肉厚で、なんか水滴がくっついたような…」
「ああ、アイスプラント?!」
それ!

というわけでその数日後…

DSCN6833.jpg
約束通りちゃんと入荷♪


で、パッケージを見ると「シオーナ」との表記が。
なるほど、塩味がするだけに「塩菜」→「シオーナ」か…
ひねりはないけど憶えやすいね♪

というわけで、2パック買って、半分はいつも通り生でそのまま、
残り半分はさっと湯がいてマヨネーズでいただきました。

DSCN6834.jpg
ありゃ!こっちの方が美味しいぞ!

無論生も美味しいけれど、湯がくともうひと化けする!
う~ん、野菜侮りがたし!


ヽ(^∀^)ノ



そうそう、この時話をしていた名前がわからない野菜の正体が判明しました。

DSCN6573.jpg
蕾菜(ツボミナ)

福岡でしか生産されていなくて、しかも旬が1~3月とかなり短い貴重なものるとか。
そういうわけで、また勝って今度はベーコンと一緒に炒めていただきました。
食べ応えもありとても美味しかったです。

DSCN6841.jpg

さて、最後に問題。
背後に写る野菜たちは何?

(*^人^*)

一足お先に春の味

先日いつものように買い物に出ると、
「社長!今日はけっこう変な葉っぱが入ってますよ!」
と、いつもの元気な八百屋の兄ちゃんが声をかけてくる。

いやな、わしは変な葉っぱが好きなのではなくて、変わった野菜が気になるだけなんやで。
というも、「でもお好きでしょう?」と。
そらまあそうだ…

というわけで、何があるのか聞いてみると、
「え~っと、うまい菜に、バジル、ディル、ルッコラに、イタリアンパセリ…」
ああ、じゃあそれぞれ一通りもらうわ、と言おうとしたら、
「ああ、そうそう、今日はタラの芽とうるいも入ってますわ!」
へ?タラの芽と何って?
うるいです。」
うるい??何それ?
「まあ、山菜みたいなもんですね。」
ほ~、じゃあ、それらも併せて全部もらうわ!
「ほら!やっぱ変なんがお好きですやん?」
「わははは、まあそうやな~♪」

というわけで…

こちらがそのうるいとタラの芽なんですが…

DSCN6572.jpg

ほ~、うるいってなんだか白ネギの芯みたいな感じだな。
なんせ初めて食べるものなのでまずはシンプルにお浸しにし残りは炒め物にしてみよう。
で、それはそれでよいとして…

DSCN6573.jpg
これ、タラの芽か??

私が山でよく見かけるそれとは明らかに違う気がするけれど、
栽培種だとこうなるのか?
あれ?でも今思い返すと八百屋の兄ちゃんが、
「タラの芽みたいなもんです。」とそう言った気もする…

DSCN6574.jpg
ちなみに断面はこんな感じ
お分かりの方教えて!


こちらはシンプルに塩ゆでし、味見してからどうして食べるか考えよう♪

DSCN6575.jpg
てなわけで出来上がり♪

うるいはねぎのような見たのわりにそういう感じは全くなく癖もない。
あ!でも少し遅れて苦みがやってくるこの感じは、なるほど山菜だなとそう思わせる。
そう、この苦みは春の滋味♪
子どもの頃はそうでもなかったけれど、大人になると嬉しく感じるから不思議なもんだ♪

で、一方タラの芽(?)の方は苦みもクセも全くなく非常においしい!
しかも、舌や口の中に残るコクがあ。
あれ?この非常に特徴のあるこのな感じ…
確かに食べたことのある味だぞ?
何だったっけ…???

ああ!思い出した!
アスパラガスの穂先の味や!

というわけで、そうなるとlこれもベーコンなどと一緒に炒めると絶対美味しいとは思ったのですが、
湯がきたてのホクホクはシンプルにうまいので、ついそのまま食べてしまいました。

いや~、美味しかった美味しかった♪

てなわけで、一足早い春の味を堪能できました。

よしまた変な葉っぱ、じゃなかった春の味を求めてあのお店に行こう!

ヽ(^∀^)ノ



一方こちらも一足早い春?

DSCN6577.jpg
溶け合うように眠り続ける老夫婦

一足早い春眠暁を覚えずでした。

こういう食べ方

IMG_1782.jpg
ひっくりかえったガメラ?!

いえいえ実はこれ私の大好きな菓子パン「スイートブール」

IMG_1783_20191221133613994.jpg

玉子風味の表面の皮と、ふわふわの中身のパンがたまらなくおいしい!

でも私はそのままパクつかずに、必ず先ほどのようにひっくり返して中身をほじり、
そしてさらにしつこく残るパン生地を向くりあげ、皮だけにしてから一気に食べるのが大好きなのです。

この食べ方だけは、誰に何と言われてもやめようとは思わない!

といいますかじつは、私はこれ以外の食べ物でも絶対こうして食べるという食べ方があり、
小さなときらこの歳に至るまで、半世紀以上の長きにわたりそれらを継続し続けておるのです。

でも、こういう話をひとにすると、

「あ~、あるあるある!」

と中には同意してくださる方もおられるので、
今回その中からわりと普通だと思っているもんをいくつかご紹介。
皆さんはいくつ当てはまられますかな?

・牛丼
まず上のお肉を片側によせ、合い+p-スに紅しょうがを山盛り乗っけ、
ご飯の8割をその紅ショウガのみで食べ、その後お肉半分でご飯を食べ、
最後はお肉のみで締めくくる。

・ハンバーガー
バンズとパティをばらばらにし、上のバンズはピクルスの風味で楽しみ、
下のバンズはお肉の風味で楽しみ、最後にパティで締めくくる。
こうすると、パンの美味しい風味を堪能できるのです♪

・ぼんち揚げ(歌舞伎揚げ)
周囲のふちをカリカリカリとかずり摂るようにして食べたのち、残りをパクっ!
源氏パイ・うなぎパイじも同様にして食べておりますが、
これらは、周囲こそがメインで残りは付け足しと感じております。

ルマンド(ブルボン)
チョコこーコーテイングされた部分を新調にはいでゆき、まずそこを堪能。
残るクレープ部分はのちに一気に食べる。
これも上記ぼんち揚げなどと同じく周囲(表皮)がメイン。

・オレオ
二つにはがし、まずは中のクリームだけを楽しみ、のちに残りを食す。
同様に、コロンパピロ、などは吸うように咥え、中のクリームのみを吸いあげてから食べる。


あとはね…

え?

もういいですか?

十分わかったって?

食べ物だけに…

そう、お腹いっぱいって?


(=^^=)ゞ


無くなっちゃった… ~さよなら、ランチハウス林~

昨日の休日は、家の用事があったので午前中はごそごそごそ…
で、お昼前に時間が空いたのでチョイとお墓に。
お正月にお供えしたお花がもう枯れているだろうからそれを始末しておかないとね。
ついでに軽くお掃除をしたらばちょうどお昼時になったので、
コンビニに立ち寄りパンを買った後はいつもの河原へ向かいまして、

DSCN6398.jpg
毎度おなじみストーブの出番です



DSCN6402.jpg
買ったパンはイチゴメロンパン

いつぞやのリベンジをやっと果たせました。
「哀しい昼食」参照)

さて、これで小腹は収まった。
後は娘が最近食べたがっている今川焼(回転焼き)を買いにちょいと寄り道しようかな。
そう思い、母校(大学)の近所を通りかかったらば、ちょうどお日り休みの時間だったから、
通りに学生があふれ出ており、通りのご飯屋さんからはとても良い香りが漂ってきている。
それはこちらの胃袋を直接刺激するので、
もう少し何かを食べたいな…、と思ったとたん、
そうだ!あそこのハンバーグを食べよう!

そこは学生時代に毎週通った定食屋さんで、当時は300~350円のコロッケ定食ばかっり食べていて、
バイト代の入った時には500円の奮発しスペシャル定食を食べておりました。
で、そのスペシャルの内容は、コロッケに、鶏のから揚げ、そしてハンバーグ。
このハンバーグがとても美味しい!
ふっくらジューシーで、シャッキ!シャキ!

とはいえ、卒業後はほとんど行く機会がなかったのですが、
卒業後20年経ってからふと思い出し立ち寄ってみたら、
やはり昔通り美味しくて素直に感動!
更に店の大将は健在なれど、二代目の若大将も厨房に立ち、
更にその奥さんの姿を見れば、
なんとその方は、20年前時折手伝いに出ていた当時高校生だった娘さん!
だから驚くやら嬉しいやら!

てなわけで、わくわくしながらお店に向かうと…

あれ?

DSCN64062.jpg
無い?!

記憶にあるお店の場所には、真新しい戸建てが建っているだけ。
でも、私の記憶ほど怪しいものはないので、道沿いを何度か往復し、
ついでに、道を歩く学生さんを呼び止めて聞いてみたり、
そして、他のお店の方に尋ねてみてやはり記憶に違いがないことが判明しました。
そう、お店はやはりあの一戸建ての場所でした。

ちなみに、これは逆方向からですが2010年当時の画像
CA396233.jpg

そうか、廃業しちゃったのか…
もうあの時は味わえないのか…

と、そう思ったとたん、なんだかぽっかりした気分になり、食欲も一気に失せ、
で、その場所にいるのが嫌になってきたので、
すぐさまバイクを走らせて、今川焼を回に向かいました。


さよなら、ランチハウス林
CA396232002.jpg
さよなら、スペシャル定食!

 | HOME |  »

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する