ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2016-12

かき食えば…

さてさて、気が付けばもう12月!
週末にやって来る出店の方から頂く柿も、どんどん赤くなってきて、
最近では干しも目立つようになってます。

ついこの間まではお昼ごはん代わりに柿をかじっており、
そのたび、以蔵やムクが寄ってきておりましたが、
そろそろそれも終わりかな?
実は、うちのわんこたちは皆昔から柿が大好きなんです。(「柿食えば…」参照。)

でも反対にこちらのかきは今からが本格シーズン。
CA395408.jpg
そう、海の牡蠣!

子供の頃には不気味で食べられなかったのに、気が付くといつの間にか大好きに!
特にこのような生ガキなんて、ぜ~~~~~ったいに無理でした。
なのに今では、大喜び!
この時牡蠣ラーメンで大喜びでしたもんね。)

だから、以前ツーリング先で見かけた、牡蠣がびっしりの海岸なんて、もう…
GRL_0003.jpg
この岩場にかじりつきたい!

で、この衝動を抑えきれずに欲望のまま貪り食っているのが、最近の中国人旅行客のようで、
全国あちこちの海岸や河川で牡蠣を勝手に盗って食べ、
その貝殻をその場にうち捨てていくので、大きな問題になっております。
(ほんの一例。)

さて、話が少しそれてしまいましたが、
つい先日、うちの商店街で100円均一のイベントがあり、
その一環としていつもの魚屋さんがセル牡蠣1個100円で売っていたのです。
しかも、買ったときが夕方だったので13個1000円にしてくれました。
もともと、鍋用の牡蠣が欲しく出かけていたのですが、そういうことならとこれも併せて購入し、
こうして生ガキを堪能したというわけ♪

でもめった買わないセル牡蠣なので、生だけではもったいないと…
CA395409.jpg
焼き牡蠣~♪

昔は何も知らず網で焼き、貝殻が割れて飛び散り大騒ぎしていたのですが、
その後正しい方法を教えてもらって以来、美味しく快適にいただけております。
・フライパンにアルミホイルを敷きその上に乗せ蓋をして蒸し焼きに。
この際牡蠣の上下を間違えないように。(膨らんでいる方が下。)


で、そうして焼いていると、次第にわんこが集まって来る?!
「おや?この香りってわんこ達にはいい香り?」

実は牡蠣はわんこに上げても大丈夫な食材で、
被毛や皮膚をきれいに保つ亜鉛などが豊富だからアトピーの子たちには良いそうです。

そういうわけで、その後作った牡蠣鍋の雑炊をわんこ達に与えてみると…

「おいしい~!うれしい~♪」

特におじや大好きチップちゃんは、
CA395433a.jpg
「おじや最高~ぅ♪」

1杯2杯3杯と、次々にお代わりをし、
どのお皿も、あっという間に綺麗にからっぽ!ピッカピカ♪

「お!そこまで食べる?!」

予想以上に好評で、いつもは雑炊に口をつけないぽちなども、
綺麗にお皿を舐めあげ、

「おかわりまだ?」

そうか、実は牡蠣はわんこ好みの味だったのか!

というわけで、多分今後我が家では、

牡蠣食えば、わんこ群がる鍋のそば。

(*^人^*)

ちなみに、この日たくさん牡蠣があったため残りは翌日に回し、
CA395411_201611211446577bd.jpg
牡蠣のてんぷらにいたしました。

私は柚果汁をかけ、塩でいただきましたが、
奥さんはタルタルソースでパクパク♪

あ~、牡蠣はやっぱ美味しいな~。
ヽ(^∀^)ノ


**追記**

また、特に牡蠣で何か作る予定でないときに、特価の牡蠣を見つけると、
思わず飛びつきこういうのをこしらえます。
CA395428.jpg
牡蠣のオイル漬け

フライパンで身が縮まない程度に軽く加熱し(強火で3分)調味したのち、
好みのオイルに、各種スパイスを放り込み後は冷蔵庫で寝かすだけ。

ビールのアテにはもちろんのこと、
ご飯に乗っけて丼風にしてかっこんでも美味しいよ~♪
スポンサーサイト

もう冬?まだ秋?

さてさて、先日の休日は秋か冬かわからない妙な日でしたが、
午後からはお日様が顔を出しとても暖かくなりました。

ですので、わんこをひき連れお散歩に出たのですが、
さて、どこに行こうか??

取りあえず、いつものおばあさんちにご挨拶に向かいますと…

IMG_3520.jpg
「こんにちは~!」
「きましたよ~!」


すると、ニコニコ顔で出てこられたおばあさんが手にしていたのは…
IMG_3526.jpg
「わぁ~い!おやつや~!」×5


というわけで、たくさんのおやつをいただいちゃったので、
せっかくだから、このまま大きな公園へ行ってそこで食べることに。

お日様もぽかぽかと気持ちよいのでちょうど良いね♪

IMG_3527.jpg
それにしても良い天気♪


ん?
IMG_3528.jpg
ウツボカズラ?!

へ~、庭先に植えるには珍しいね。
実はこれ、子供の頃ものすごく欲しかったんですよ。

ちなみに中を覗いてみると、小さな蟻がたくさん入っておりました。
さすが食虫植物!


てなわけで機嫌よく歩き公園に到着したのですが…

IMG_3536.jpg
「なんかさむい…」

そう、公園に入るや否や、先ほどのお日様が雲に隠れ、
代わりに冷たい風がぴゅーぴゅーと吹き始めたではないですか!

なんだこりゃ?!

でもせっかくだから、少し歩いて小さな広場まで出たものの、

あれ?なんでみんな固まってるの?

IMG_3539.jpg
「おしくらまんじゅう~♪」

そういうわけではないですが、春先にはあれだけ機嫌よく走りまわっていたのに、
この日はどうも一カ所に固まり、においをクンクン。
寒いから?
でも真冬でももっと遊んでいたよね?

そう持っていたら次第にあちこち動きだし、好きに散策を始めました。
そっか、久々なんで緊張していたのかな?


IMG_3545.jpg
落ち葉ふみふみがお気に入りのポコ。

IMG_3550.jpg
何が気になるのか、遠くを見つめる以蔵。

IMG_3554_2016120712550853f.jpg
気が付くと、いつもこっちを見つめているチップちゃん。

IMG_3555_2016120712551027f.jpg
さすが兄妹よく似た表情のぽち&かりん。


てなわけで、調子が出てきたので、トコトコズンズン進んで行くと、
IMG_3565_201612071257509d6.jpg
「ここはどこ?」

昔、ジョイプー、そしてななペルが若い頃、よく夏場の早朝にやってきては水遊びした噴水広場。
でも、その際ジョイが皮膚病になったのでそれ以来、水遊びをすることもなくなったな~。
そんなことを考えていると、


IMG_3563.jpg
「あ!あれは!」
「あれは!」




IMG_3564.jpg
「なんだこれは?」
「なんだ?」


流れる水が珍しいのか、腰を引きながらも水面を見つめる、ポコとチップ。
そうか、ともにうちに来る前は、ポコは部屋の中だけ、チップは狭いケージの中だけ、
それがすべての世界だったから、当然お散歩にはほとんど出たこともなく、
こういう流れを見るのはある意味初めてだったかも?

そういうわけで、好きなだけ見させようと放っておくと、

IMG_3566.jpg
「ぼくもみる~。」

と、最初興味を示さなかった以蔵も参加。

この子のこういうところがすごくかわいいな~♪

てなわけで、風も止み寒さも幾分マシになったので、
ここいらへんでみなさんお待ちかねの…

IMG_3577.jpg
「おやつタイム~!」


そういうわけで、順番にちぎってはあげ、ちぎってはあげをしていると、
あれだけたくさんあったおやつもあっという間になくなった!
え~?!
あなた方少しペース速すぎやない?

ん?
なになに…

おもてで食べると、いっそう美味しいから…?

なるほどね、そこは人も犬も一緒やね♪


さてそういうわけでおやつもなくなったし寒くなってきたからそろそろ帰ろうか?

で、その前に…
IMG_3575.jpg
「はいちーず♪」

〆の記念撮影もすごく上手にできました。


で、家路に着いたのですが…

IMG_3586.jpg
なんと!ここにきてお日様が復活!

IMG_3582.jpg
う~ん、もったいないな~。

そう思ったので、ちょいと寄り道し友人宅へ、わんこ自慢をしに行くことに。
で、一通り、犬バカを披露したところで、
「あれ?ところで金ちゃんはいまどうしてるん?」

金ちゃんとは、友人宅の愛犬で、とてもお利口で可愛らしいゴールデンの男の子。
数年目、以蔵が生死の境をさまよった際、その血を分けて救ってくれた命の恩人(犬)!
その後おてんば娘の妹分琥珀ちゃんもやってきて、楽しくにぎやかに過ごしております。

「金ならそこ。」

と友人が上を指さすので見上げると…

IMG_3590.jpg
あ!きんちゃん♪

大きな顔がこちらを見つめ、まるでタペストリー!
しかも、カーテンの端っこが妙に揺れている。

「あれ、しっぽ振ってやるねん。」

え~?!
そうか~!なるほどさすが大型犬、しっぽの位置も遠いわ~!

そこで名をを呼び手を振ると、いっそう激しくカーテンが揺れる♪
ヽ(^∀^)ノ

この時は時間がなかったけど、今度来るときは一緒にたっぷり遊ぼうな~!


てなわけで、おやつも道草もたっぷり食べていざ帰宅。

その後はも留守番のぷーさんにおやつを与え、
そして同じく留守番していたムクを引き連れショートのお散歩。
IMG_3591.jpg
よっさ、ほいさっ!

大好きなお母さんではなく、わたしだったので少々不満げでしたが、
それでもお利口にきちんと歩き、おトイレも済ますことができました。

よっしゃ、この日も犬三昧♪

で、結局秋か冬かよくわからないままお風呂に入って早々に寝てしまいました。

ま、毎週同じことの繰り返しで、全く飽きないから、

飽きない→秋ない

で、冬かな?

(=^^=)ゞ

重い相棒

昨日は、暖かいのか寒いのかよくわからない一日でした。
そのうえ、午前中は雨が降るのか降らないのかもよくわからない。
そんな変な天気で始まりました。

そんなわけで、ちょっと出かけねばならなかったのですが、
自転車で行くかバイクで行くかしばらく悩み、
結局は、降っても知れているだろうとバイクで出かけました。

IMG_3498_2016120711053381d.jpg
帰り道近所の公園で一服していると、落ち葉が二枚目の前に。

その吹く風はそう冷たくも感じないので、
12月だというのに、まだまだ秋みたいな感じだな…
そう思いつつ空を見ると、
相変らずの曇り空ですが、降る気配はなさそうなので、
ガレージに戻り、バイクを乗り換え、再度出発。
久々にハーレのエンジンを動かしておきたかったのです。

20年ほど前なんて、毎週日曜日の明け方に起き出して200キロほど走っていて、
年間1~2万キロほど走っていたのに…
まあ、わんこ達が増え、そういう時間が無くなったのもありますが、
なんせ、最近はちょいとした遠乗りでもカブなどの原付きで行くようになってしまい、
いよいよハーレの出番が減っている!
実際10月のこのツーリング以降は、乗らずに充電ばかりしておりました。
う~ん…

そういうわけで、ちょいと時間があれば動かしたかったのですよ。

でも久々に乗り出そうとガレージから押し出すと。

「げげ!やたら重い!」

たしかに車重が300キロを超える重量車ですが、それでもここまで重くないはず。
もしやパンクか?
そう思い調べると、幸い単に空気圧が落ちていただけだったので、せっせと空気を入れていざ出発!

で、向かった先は、母校の近所のいつもの公園。
色々言ってたわりに、ごくごく近場で家から数キロとほんの近くですが…
(=^^=)ゞ

IMG_3500.jpg
で、荷台の箱から取り出したのは、このバッグこの袋

だから当然中身はコーヒーセットなわけで、いそいそとストーブに火を入れ始めたのです。

まあ、なんだ、。
最近ハーレがどうたらこうたら言いながら、
結局はあまり走らず、こうして火遊びしているということは、
時間がどうこう言う以前に、気持が以前ほどこいつに向いていない証拠なのだな。
とかなんとか思っていると…

IMG_3503.jpg
予想以上の白い湯気!

実は、走り出してしばらくしてから、多少明るかった空がどんどん鉛色になり、
そして、ここに到着したころには、結構強い風がビュービュー吹き始めていたのです。
またその風も先ほどとは打って変わって、冬の冷たいそれ!
だから当然気温も下がったわけで、湯気がこんな目立って見えるようになっていたんですね。

というわけで、コーヒーが冷めないように火にかけつつ淹れ、
私自身も冷えてきたので、、荷台の箱に放り込んであるヤッケを羽織りました。

まあ、なんだかんだ言いながらもエンジンも一応温まったんだから、
IMG_3510.jpg
今度はわしが温まろう♪

で、熱々のコーヒーを、口をすぼめてすすりながら、
止めてあるハーレをしげしげ眺めると、それはそれで、

IMG_3508.jpg
やっぱ、かっこええよな~。

思えばハーレー乗りたさに、限定解除の試験を受け、
3度目になんとか合格した矢先、運よく中古のこいつと出会いました。
前オーナーがおっちゃんで、少し乗ったのちそのまま放置。
だから見た目は錆が浮いたりしておりましたが、走行距離は1000キロほどで状態はかなり良い!
幸い当時はまだハーレー人気が今ほどではなかったので、
当時乗っていたスティードの下取りプラス20万という超破格でゲットできたのも運が良かった♪
以降はファックスなどを駆使し海外から部品を取り寄せ、ちまちま、せっせとカスタムを。

重い、遅い

よくそういわれていたハーレですが、ま、それは事実。
でも、重いのはどうにもならないけれど、遅いのは何とかできるだろう?
そういうわけで、目指したのは直線番長のドラッグレーサー。
ストレスなく時速200キロの出せるハーレを目指しました。
(でも道交法は順守すべきなんで、変なことしてないよ~。)

だから、当時は毎週がトライ&ランのテスト走行でしたね。
そんなわけで、いつしかこのハーレは世界にひとつ唯一無二の一台に。

思えば、周囲の友達たちがバイクを乗り換えていく中、
私はもう25年以上も乗り続けているわけで、これはもうある意味相棒といってもいい感じ?

だから今でも本当に大切な一台。
以前ほど乗る機会はなくなったけれど、それでもそばにあるだけで嬉しいのです。
それこそ、充電している時ですらも。

そんなわけで、なかなか遠乗りできなくとも、
月に数度は、こうしてエンジンをかけて乗り出してやろう。
それこそ、いつかこの重さが手におえなくなるその日まで。

と、そう思いながら、程よく冷めたコーヒーを飲み干したのでした。

ん?

そっか、重さに負けたら、サイドカーを付け側車にすればいいか?
(=^^=)ゞ


そうそう…

題名だけ見て、
うちの奥さんの話題と思ったあなた!


失礼ですよ!

φ(._*)☆\(-_-)「失礼なのは、あんたや!」


*今日のストーブ*
IMG_3518.jpg
米軍用 M-1941(コールマン520)

やっぱアメ車にはアメストでしょう?
というわけで、重くてかさばるけれど、こちらも長く付き合える一台。
何よりタフなんで、バイクには一番似合う!


で、午後は…
IMG_3582.jpg
「お散歩~♪」

午前中とは打って変わり、お日様が出てきたのでわんこと公園へ!

この話はまた明日。

ヽ(^∀^)ノ

ちょっと恥ずかしい。

CA395395.jpg
「ふむふむふむ、どうも、こちらがはりみちのようですよ!」

さすが以蔵君かしこいね~♪

と、この様に今日も今日とてに親ばか全開で散歩をする私。
なんせ、親バカですから、こうして一緒に歩いているだけで、とてもうれしく、楽しく、愉快!愉快♪
だからついにこにこしながら歩いてしまうのですが、
時折ちょいと恥ずかしい思いをしたりもします。

それはニタニタとだらしない笑顔を見られるとかそんなことではなくて…

「や~!かわいい!」
「ほらほら!茶色い服の子!」
「いや~!歩き方メッチャ可愛い~!」


というこの様な女子高生の黄色い声援!

そう、実は以蔵の午後の散歩の時間は、ちょうど近所の高校(というか我が母校)の通学時間であり、
また車の交通を避けると自然い通学路になってしまうことから、
私と以蔵はよく学生の流れにのみ込まれるのです。

そういう時先ほどのような声があがると、その声はどんどん増幅され、
「え?どれ?どれ?」
「ほんまや!」
「くろすけ~!」

などと盛り上がってしまうのです。

それはそれで嬉しいのですが、さすがにおいちゃんとしてはこっぱずかしい…

ですので、空き缶を捨てるふりして道をそれるのですが、
それでも再びどこかで合流すると、

「あの犬メッチャ嬉しそうやん!」
「ほんまや!スキップしてる!」


と…

あ~!恥ずかしい~!


とはいえ、この子の歩き方は、心から嬉しそうで本当に可愛いんですよ。
CA395393.jpg
テッテケ スッタッタ~♪

お手軽は正義! ヴァルカン ~ Vulcan Safety Chef Camp Stove~

ヴァルカン・セーフティ・チーフ・キャンプ・ストーブ
~ Vulcan Safety Chef Camp Stove~

IMG_3664.jpg
一見中世のお城のような不思議な形のこれ。
以前ちらりとご紹介ましたが、
1950年代に製造された、固形燃料を利用するストーブです。

当時キャンプ用のストーブといえば、灯油、ガソリン、ガスなどを用いたものが主流でした。
ですが、それらは扱いになれが必要なため、
子供や女性といった初心者には使い勝手がいいとは言えませんでした。
また扱いやすい固形燃料も既に存在しておりましたが、
それらは火力調整がきかず、また横風に弱く、
そして、ゴトクや風防きちんと使用しないと熱効率の悪いもので、
やはり初心者にとって万全とは言えませんでした。

そんな中登場したのがこのストーブ。

固形燃料を用いるので扱いは簡単で、
熱効率の良いオールインワンの鉄製本体のおかげで、
手間なく、安全に、
しかも効率よく強い火力を得ることができます。
正に名前の通り、「セーフティ・ストーブ」なわけですよ。

時代的には戦争も終わりやっと人心地着け、
レジャーへ目を向ける余裕が多くの人々の間に出た頃。
だから、それまでのコアな使用層ではなく、
新しい初心者層へ向けての、
そういうストーブだったんだろうと思います。

さてそういうわけで順に見ていきますと…
IMG_3674.jpg
燃料の設置は、本体は底のストッパーを解除し底板に設置します。

本来は専用の燃料を使用するのですが、今回はアルコールストーブを用います。
たまたまこのサイズの空き缶が、
純正の燃料の缶とほぼ同径で、厚みが半分だったため、
こうして蓋の上に乗せて設置するとすき間なくジャストフィットなのです。
その後、ふた無しですき間を開けて使用しましたが、
むしろその方が火力があったので、
適当な空き缶を利用すれば、市販の固形燃料も問題なく使用できます。


そして炎は、本体の筒内部を通じてゴトク付近まで上がるわけですが、
IMG_3663.jpg
内部は単なる筒ではなく、このような構造になっており、
スプレッダプレートで均一に広げられた炎は、
周囲の筒を熱しつつ、その熱による上昇気流でさらに上に導かれる工夫がされております。

実際火をつけセットしてみると、
IMG_3661.jpg
底で中心に向かって昇っていた炎が、

IMG_3660.jpg
上部ではこのようにきれいに広がっております。

またこの構造はチムニー効果により、一層の燃焼効率を上げるので、
いざとなれば、枯れ葉や小枝でも十分火を起こすことができます。
(小枝の補給がちょっとめんどくさいけどね。)

いわば燃料不問の万能選手!
ヽ(^∀^)ノ

この点以前ご紹介のスイス軍レンジャーストーブと似ていますよね。


そういうわけで、手軽さも相まって、
最近私は店番しつつこれで昼食を作っております。
IMG_3741.jpg
もちろんいつものストーブのほうが楽しいといえば楽しいのだけれども、
ほんのちょっとだけお湯が欲しい時はね~。

やっぱ、お手軽は正義だ!

それじゃあ、電子レンジを使えよな!とかいう突込みはない方向で…

(=^^=)ゞ



そうそう、実はこいつには普通の収納缶の他に、
大変便利な専用ケースがあるのです。

IMG_9894.jpg
それがこれ!


IMG_9897_201602151325225f2.jpg
こうして開けて…

04_20160215132523d53.jpg
大鍋小鍋お好きなように♪


ちなみに、ストーブ本体のサイズが、ちょうどSVEA123とほぼ同一なので…
IMG_9899.jpg
この様に、それらのストーブを収納して持ち運ぶときに利用するとすごく便利!

だから、

「ストーブいらんけど、ケースは欲しい!」

そういうお声もよく上がります。

まるで脇役に食われている主役…

なんか、かわいそう。


 | HOME |  »

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する