ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-09

かりんの手術

かりん13歳」で少し書いていたかりんの鼻のできものの件ですが、
その後の病理検査の結果、悪性ではないものの、
皮膚細胞形質腫というものである可能性が高く、
その場合だと、見えない部分(脊髄)などにも出てくる恐れのあるものであるから、
可能ならば、切除しより詳しい検査を行うのが良いとのことでした。

そういうわけで、さっそく先日朝から絶食で向かい、
夕方ごろに無事手術を済ませて戻てってまいりました。

IMG_8297.jpg
「つかれたよ~。」

そやね、おつかれさま、おつかれさま。
後はもう、おうちに帰ってゆっくり寝ようね。

IMG_8296.jpg
「え?!その前にご飯でしょう?」

ああ、そやったね!
食いしん坊のかりんちゃんやから、まずはご飯やね♪


これで万事治まることを願っております。

(*^人^*)
スポンサーサイト

お別れ

先日お伝えした友人のお通夜に昨晩行ってまいりました。
会場に着くとすでにほかのバイク仲間たちも来られており、
皆で最後のあいさつを済ませた後、ご遺族の方々のご厚意で、
皆で別室に集まりしばらくの間故人の思い出話に花を咲かせました。

その話の輪の中には、故人の奥様もいらっしゃったわけですが、
じつは私たちのほとんどは初対面。
なのに驚くほどに私たちのことをご存じなので驚いていたらば、
どうも生前いろいろな話を一方的に聞かされていたとのこと。
そしてそのことをお話になる奥様の様子からは、
とても仲の良かったご夫婦であった雰囲気がものすごく伝わってき、
また故人が結構奥さんに対して甘えたであったような感じも受けたので、
それも私はずいぶん意外でした。
だって、いつも渋く決め、どっちかというと硬派なイメージでしたから。

とはいえ、言われれば確かに、
ファッションやいでたちに常に色気を欠かさない方だったので、
お家の中では、また全然違った雰囲気であったんでしょうね。

そうして色々お話させていただいたのですが、
話題はやはりバイクのことが中心に。
実は故人の乗っていたバイクの中に、非常にレアで数の少ないものがあり、
それを手に入れたいきさつなども、
「なるほど、そういういきさつで…」と興味深く拝聴。

で、実はこのバイクについては生前故人からこう言う話を聞いていたのです。

ここ数年な、今まで全く連絡なかった連中から年賀状が来るんや。
でな、何かいなと思って目を通すと、
あのバイクはまだお持ちですか?みたいなことが書いてあるんや。
そろそろわしがバイクを降りる思って、譲ってくれみたいな感じなんやわ。
そういうのは、なんかな~。

でも、わしは死ぬまであれに乗るで。


まあ、その言葉通り最後まで大切に乗られていたわけですが、
私たちもやはり今後あのバイクがどうなるかは正直気になっていたのです。
ですので、昨晩もその話題になった時、

「あれには僕が乗ります。」

と、そう声を上げたのは故人の息子さん!

おお!
それは嬉しい!
それが絶対一番いい!
ほかの誰が乗るよりも、あの方が一番喜ぶ!

だって、私たちやほかの誰もよりも、
いつも間近で見ていたご家族の方があれの本当の価値を良く分かっておられる。
というか、あの方があそこまで愛されたバイクだから、
ご家族にとっては、それはもうご主人であり、父親でもあるのだから。
むろん、お若い頃いつもタンデムシートに乗っていた奥様にとってはなおさら。

その後も夜が更け深夜近くなるまでいろいろと語り会っていたのですが、
さすがにこのまま朝まで語明かすわけにもいかないので、
もう一度最後のご挨拶をしに御棺まで。

するとしのやんが、「あれ?このお棺でよく収まりましたね?」と。
そう言われれば確かに、結構上背があったのに、こうしてみるとそうでもない。
すると奥様が、
実は、そのままでは収まりきらなかったので、足を少し曲げているんですよ。
でも、実際はやはり病気してから縮んだのもあると思います

と。
そしてまた、お棺に共に入れる愛車たちの写真や愛用品を見せていただき、
確かに病気はあったけれど、最後まで好きなことをして生きたから、
あの人らしかったなと思います。

とも。

でも最後に一言。

こんなはずじゃなかったんだけどな~。

これには私たちも無言でうなずくしかありませんでした。

ほんっと、こんなはずじゃアなかったんだよな~。

ハンドルネームも、「透析ライダー」は縁起が悪いから、
今後は「セパハン」に変更や!
わしはどんなに歳いっても、一生セパハンを握りしめるで!


って、この夏、蒸し暑い夜の公園でそう言っていたのに!




私は今日は仕事で告別式には参列できませんでしたが、
仲間たちが今ちょうど本当に最後のお見送りをしてくれている頃。

いつも飛ぶようにかっ飛んで走っていたあの方は、
本当に空の向こうに飛んでっちゃってしまったわけだな。


田屋さん安らかに。

CIMG7592.jpg

以蔵の甘えた問題

さて、前回最後にお伝えした、わたし不在時の問題とは?

くりかえしになりますが、その問題の原因というのががこちら!
IMG_8272.jpg
「え?ぼく?!」

そう、わたし不在の月曜の夜。
この子は私を探し一晩中吠え続けていたとのこと。
おかげで、奥さんはほとんど寝ることができなかったとか…

あかんやん!以蔵君!

IMG_8272.jpg
「だって、パパおらんかったもん!」

でも、今までもこうして私が家を空けることはあったけど、
こんな風に大騒ぎすることはなかった。

もしかして、甘えたさんの度が増した?
そういや確かに、あの子の白内障が進み、
そして目がどんどん見えなくなるにつれ、
すこしでも安心できるようにと、一緒にいる時には常に膝の上に乗せ、
そうでないときは手を添えるなど、できるだけ身体が触れあえるようにとしていました。
もしかしてそれが原因?

でもこのままだとやはり困る。
だって、いつ何時私が急病で倒れ入院するかもしれないし、
そういうことが無くとも、また近いうち泊りがけで出かける予定もあるから。
(恒例の瀬戸内遠征

その時どうしよう?

すると奥さんがこういうのです。

「以蔵を背中に背負ってったら?」


それはそれでまあ楽しいのだけども…

やっぱ、危ないしね。

(=^^=)ゞ

さてどうしたもんかと悩みながらも、

IMG_7832_2017092211565462f.jpg
実はこうしてまた膝の上に乗せておるのです。

だって仕方ないじゃない?

IMG_7834_2017092211565525d.jpg
こんなイイ顔されてちゃぁね。

(=^^=)ゞ


* いただきもの * 

「ぷち丸くんの日常日記」ぷち丸2さんから頂きました。

IMG_8291.jpg
20世紀梨&レーズン!

おお~!これは新鮮!
美味しい♪おいしい♪

だからついつい、美味しい顔で食べちゃうんですが、
その様子を見ると、わんこは絶対欲しがるに決まってる!

で、前述の様にわんこに甘い私ですが、
これだけは絶対厳禁!
だって、わんこにレーズンは絶対だめだからね♪

そういうわけで、わんこ達のいない間に、こそこそ隠れていただいております。

(*^人^*) 「ぷち丸2さん、本当にありがとうございます♪」

訃報

CIMG3400_201709221053071c6.jpg

昨日バイク仲間の訃報が届きました。
わたしがミーティングを始めた頃くらいからの古い付き合いで、
途中何度か体調を崩しバイクを降りねばならないかということもありましたが、
その都度復活を果たし、つい先ほどの夏にも、
暑い陽の下を元気に走ったり、夜には街角に集まって夜風で涼んだりと、
そんな感じで楽しく過ごしておりました。

ですが、お盆過ぎに脳梗塞で倒れてしまい入院。
その後お見舞いに伺った際は、ろれつこそ回らないものの、
いつも通り元気な様子で安心していたのですが、
ここ数週間のうちに容体が悪化し、残念ながら昨日お亡くなりになってしまいました。

私もこの歳なので、今まで何人かの方々を見送ってきましたが、
それでもやはりこういうのに慣れるということはありません。
やはり、無性に寂しいものです…

そういうわけで、明日がお通夜で明後日が告別式。
私は明日仕事を終えてから最後のあいさつに参ります。

そこでもしここをご覧になられて、私もと思われる方がおられましたらば、
ぜひ私までご連絡ください。
くわしい時間と場所を、折り返しご連絡させていただきます。
(なお、御香典は、ご辞退されているとのことです。)

CIMG3401_20170922105306b95.jpg

第15回ハマー ~しょうゆぅこと!(後篇)~

さて、こんな感じで、
夜通し走って着いた白浜を、ひとっ風呂浴びたのちあとにした私たち。
次に向かったのはお菓子屋さん。
実は、かいせいさんが以前何気に買ったものがものすごく美味しく、
ご夫婦でたいそう気にったので、
「嫁ちゃんのお土産に買いに行きたいな~♪」
というので、そういう話なら大歓迎!
(私たちも買いたいし♪)

その後無事お菓子屋さんに到着すると、
くだんのお菓子は週に三日の限定発売ながら、この日火曜日はちょうど販売日!
こりゃ良かったと、店に入り注文すると…

「申し訳ございません、
本日の分は売り切れてしまいまして…」

え?!まだお昼前なのに?!

きけばかなりの人気のため、電話などでの取り置き注文が多く入ると、
この様な感じで開店直後でも完売してしまうのだとか…

そういうわけで仕方がないので、別のお菓子を各々お土産に買うことにしました。
せっかく来て手ぶらってのもなんでしょう?
だからこの後も恐らく、わたし達同様やってきたものの売り切れであることを知ったお客さんたちも、
同様に何かを買って帰るのでしょうね。
(というわけで、お菓子の正体は来年のリベンジで発表します!)

はっ!

まて、もしかしたら、ここまでが計算されつくされたものだとしたら…

しょうゆぅことか!(・∀・)

な~んてね♪

さて、というわけで、そろそろ小腹が空いてきたので、
IMG_8187.jpg
我ら一行はお昼ご飯を食べに再度バイクにまたがりました。


そういうわけで、お昼はいつもの干物やさん。
ここのイカの一夜干しは本当に最高なので、いつもはそれを頼むのですが、
この日はどうしてもこれが食べたくなった!
IMG_8188.jpg
カツオのタタキ!

ほかほかご飯と相まってこれが最高に美味い!

で、ご他にもご飯似合うおかずの話題などが出る中、
そういうことならせっかくなのをでと、
私は最強にご飯に合うものがあるからソレを買いに行きたいと提案。
そういうわけで、この後は帰る道すがらソレを買い求めに行くことに決定!

IMG_8194.jpg
ソレっていったいなんですのん??

ここで合流したタダz-の質問を一切無視し、
君は黙ってついて来なさいと、再度走り出したのであります。
IMG_8193.jpg

そして走ること5~60キロで目的地湯浅(ゆあさ)に到着。

IMG_8194.jpg
ユアサ?湯浅に何がありますのん??

「ご飯に最高に合うもんや。」

IMG_8194.jpg
え!バッテリーですか?


「そうそう、プラスとマイナスが、ピリリと効いてご飯に、よく合う!
 …ってなわけないやろ?」

実は湯浅は醤油発祥の地と言われており、
また、ここの醤油が本当に美味しくご飯に合うのです!

IMG_8194.jpg
しょうゆぅこと!

「そう、しょうゆぅこと♪」

というわけで、
せっかくだからと醤油を作っておられる蔵元で直に買おうと街中へ入っていくと…

IMG_8196.jpg
「よく、いらっしゃいました~♪」

いきなり、冷たいお茶とはったいこ飴でのおもてなし。

実はこの湯浅は古くから醤油作りだけではなく、海運などの交易でも栄え、
そのため、商家が多く立ち並ぶこととなったのですが、
幸いなことに、その当時(近世~近代)の建物がいまだ数多く残っているのです!
そして今ではそれらが国の『重要伝統的建造物群保存地区』に選定され、
地域の方々はそれを誇りに、守り抜くだけではなく、
積極的に外に向かってアピールされておられるのです。
そういうわけで、先ほどのおもてなしもその一環で、
住民の方々の暖かいお心遣いだというわけ。
(湯浅の見どころなど、詳しいことはこちらをどうぞ)。

そんなわけで、ここでしばらくお話をお伺いしていると、
街のあちこちに資料館などの見どころがたくさんあるということなので、
醤油を買う前にまずはそれらを見学。

じゃ、まずはここから。
IMG_8199.jpg
甚風呂というのれんの掛かるここは、大正時代にできた銭湯。
今はさすがに廃業しておりますが、内部はそのまま保存され資料館として活用されております。
ですので、その中を自由に見学してもよいとのことなので…

まずは入浴!
IMG_8201.jpg
「女湯にも入るでぇ~♪」

で、湯上りは、
IMG_8205.jpg
「マッサージ最高や~!」

で〆はやっぱ…
IMG_8229.jpg
「番台やね♪」

φ(._*)☆\(-_-)なんでやねん!

と、このような感じで、お風呂場だけでも楽しいのに、
裏舞台であるボイラー室などにも回り込むことができる!
IMG_8226.jpg
大正時代のレンガ積みに、複雑な配管がメチャ映える!
まさにスチームパンクで格好良い!

IMG_8203.jpg
へ~、桶は黄色いケロリンやなくて、
アルミの鋳物なんや…

さらに本来住居スペースであったところには、
地元有志の方々から寄贈された昔の日用品などが数多く展示されており、
それらを眺めていると、いくら時間があっても足らない!

だから当然すべてをご紹介できないですが、その中で、特に心惹かれたものたちを。

IMG_8223.jpg
江戸時代ごろの手鏡と鏡台。
鏡は金属製なので常に磨き上げていないと鏡の役に立ちませんが、
この時のぞき込むと、なかなかどうして、きちんと映りこみました。

こちらは蓄音機。
IMG_8214.jpg
レコード盤もぶ厚いなと思ってのぞき込んでいたら、
「丈夫にするため、中に芯を入れ厚く作ってあるそうですよ。」
と、係の方が説明してくださり、ついでに演奏してくださいました。


面白い!そしてなんと味のある音!

こんな感じでしばらく聞きほれていると、

「ひすさぁ~ん!好きそうなものがありますよ!」

と私を呼ぶ声があるので行ってみると…

IMG_8209.jpg
おお!カーバイトランプ

むろんこれ以外も、もっとたくさんあったのですが、
気になった方々はぜひ一度訪れてみてくださいね。
(ちなみに今回の場所はどれも入場無料です。)

IMG_8230.jpg

そんなわけでお風呂場跡を出た私たちはすっかり満足し、
まるでお湯にあてられたかのように体もポカポカ♪

ですがさらに散策は続きます。

IMG_8234.jpg
この懐かしい文房具屋さん兼駄菓子屋さんは現役で、
私は明日のためのおやつを買いました。


普通の民家の壁にも、この様な懐かしい日用品が飾られております。
IMG_8242.jpg
真ん中の握りばさみは、かなり小さいから、
こりゃ、きっと意地悪ばあさんがスズメの舌を切るとき用のもんだな。

こんな感じで楽しく散策していると、ある方向からとても良い香りが!

「あ!これはおせんべいの香り!」私
「いやいや、醤油の香りでしょ~。」みなさん

そうだそうだ、そうだった!
ここへは醤油を買いに来たんだった。

というわけで、匂いにつられふらふら進むと、そこに古びた醤油蔵。
お邪魔しますと入っていくと、
IMG_8243.jpg
昔ながらの作業場がそこに!

というか…

さすがにここは昔ながら過ぎないか?!

それもそのはず、ここは昔々から使われていた作業場で、
現在はそのまま資料館として保存されているのです。
だから上を見上げればぶっとい梁に、当時の麹がまだしっかりとくっついたままになっている。

ということは…
あれをこそっとこそいで持ち帰れば、自宅で湯浅醤油を作れはしまいか?

そしてまた足元を見れば、当時の職人さんたちが働いたであろう跡が、
黒く染まった土床の上にいくつも。

ん?
たぶん、いやまず間違いなくこの土にも醤油が染み込んでいるはずでしょう?
ということは…
この土を持ち帰ってお水で溶けば、インスタント湯浅醤油の出来上がり?!

実際それが気になって、地面を何度も舐めてみようかと思いましたが、
さすがにそれは思いとどまったのであります。
(=^^=)ゞ

またな工場内にはこういう珍しいものも。

IMG_8244.jpg
「電話室」いわゆる電話ボックスですね。

こういうものが置いてあることからも、
当時いかに繁盛していて忙しかったかがうかがえます。

ちなみに同じものが先ほどの銭湯にもあったのですが、
みなさんはこれを見てどう感じられます?
IMG_8224.jpg
というのも、実はわたしと個人教授さんがこれを見て、
「おっぱいだ。」 「うん、おっぱいだ。」
と言っていたら、係の方が、
「男性の方は皆さんそうおっしゃいます。
ですが女性の方は、ロボットの顔とおっしゃいますよ。」

と。
ですので、それを受け、
「じゃ、おっぱいロボットということですな。」 「そうですな。」

(=^^=)ゞ「あなたはどっちに見えました?」


てなわけで、楽しく見学したのち私は念願の醤油をを買ったのですが、
その際普通の醤油と、ちょいとお高めの良い醤油で迷い、
普通のをチョイス。

ですがその後に入った資料館で、湯浅醤油の歴史をビデオで見た際、
かって苦心の末に、古来の醤(ひしお)の再現に成功したということを知り、
またそれを生かした商品を開発したことも係の方から聞きました。

実はそれこそが、先ほど迷った挙句買わなかったちょいとお高い方のお醤油!

そんなわけで、資料館を出た私は取って返して先ほどのお店へ買いに戻ったのです。

というか…

あれ?
先ほど醤油に何の興味もなかったみんなも醤油買ってるやん!
やっぱ、ああいう映像の影響ってすごいな~。
ちゅうか…
もしかして、それ狙いであのビデオ上映してたん違う?
ああ、そうか、そうか♪

しょうゆぅことね~♪ (=^^=)ゞ


*ちなみに、醤油屋さんで、
「さっきの古い作業場の土を舐めたら醤油の味しませんかね?」
とたずねてみましたが、
「もうみんな踏んどるから、土の味しかせんよ~。」
と笑いながらそういわれました。

いや、絶対するはず!
みんなが持ち帰るから秘密にしてるんや!
φ(._*)☆\(-_-)


そんなわけで気づけばずいぶん長い時間散策していたんで、
そろそろ出発。
IMG_8250.jpg
湯浅の街のみなさんどうもありがとうございました~!

そういうわけで今度は大きな国道を避け、
海沿いの細い道を海岸沿いに気持ちよく走り出します。

まるで箱庭のようにかわいく綺麗な入り江をいくつも眺めていると、
やがて陽がどんどんと傾き始め始めたので、慌てて記念撮影。
IMG_8252.jpg
「今日もまるっぽ面ろかったね~♪」

気持は夏でも、やはり今はもう初秋。
一旦陽が陰り始めると、あとはもう一気に暗くなるから、
ここから先は、ひたすらまじめに走って距離を稼がねばならない。
ですので、楽しい寄り道はもうないな。

とそう思っていた交差点の信号待ち。

IMG_8261.jpg
お!何気にかっこええやん!

ただの信号待ちの風景なのに、どこか綺麗でかっこいい。

IMG_8260.jpg
で、ミラーを覗いて気が付いた。

IMG_8259.jpg
夕陽か!
夕陽はこの世で最高の舞台装置だもんね。
たいていももんは、これにかかると綺麗でかっこよく見えるもんだ。

うん、しょうゆぅこと♪しょうゆぅこと♪

そんなわけで、一人ニタニタしながらみんなのテールを追って走って帰ったのでありました。


今年も楽しかったな~。
さ、来年は、買い逃したお菓子を買うぞ~!

ヽ(^∀^)ノ「というわけで、お菓子の正体は来年のリベンジで発表します!」

*今回の参加者*

かいせいさん、個人教授さん、ぽにょさん、タダz-さん


* おまけ *

で、我慢できない、しない、させない、の3拍子揃った私は、
帰宅後早速醤油の味見!

で、醤油の味を最大に生かすべく選んだのがこれ!
CA390087_20170921110713410.jpg

焼きあげ。 
いや、醤油の歴史にちなみ古来(江戸時代)の呼び名である「竹虎」と呼びましょうか♪
(焼き目のある揚げを虎、ネギを竹にみたてたネーミング。)

さて肝心のお味は?

これが美味しくないはずないじゃない?!

骨太な風味は、「ああ、これが本物か…」とそう思わせるし、
強い目のい塩味は、疲れた舌に最高に気持ちいい!

だからこの勢いで、醤油ご飯からの醤油バターご飯まで行ってしまいました。

(=^^=)ゞ「ヤッパご飯にめちゃ合うよ!」


さて、この様に大満足の私でありましたが、
我が家はどうも留守中は色問題があった様子。

で、その問題というのがこちら!
IMG_8272.jpg
「え?ぼく?!」

はい、以蔵君です。

で、その問題とは…

長くなるので明日に続く。

ヽ(^∀^)ノ

 | HOME |  »

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する